· 

えっ聞くだけ⁉癒される「医学的なサウンド療法」

 

音を聞くだけで癒される、「医学的なサウンド療法」を紹介します。

 

音楽ではなく、音で癒される

一時期、モーツァルトが健康に良いともてはやされたことがありました。モーツァルトはそれ以外にも、「2台と四手のためのピアノ作品集」を聞いた後はIQが上がったという研究発表があり、こちらもブームになりました。

 

モーツァルトに限らず、音楽を診療に使う「音楽療法」という技法があります。そんなに本格的でなくても、好きな曲を聞いて癒された経験は、音楽好きなら誰でもあるはずです。

 

最近、音楽ではなく「音を聞くだけ」で癒される「医学的サウンド療法」をほどこすtune studioというのが、アメリカに登場しました。

 

横たわって、ただ音を聞くだけで癒される

Mind Body Greenの「Is This New Therapy The Secret To Calming Your Anxiety?」という記事によると、耳を覆うでっかいヘッドホンを付けて横たわり、ただ音を聞くだけのようです。「とてもリラックスできて瞑想のようですが、音と振動が有った方がなんとなく『今、ここに』集中し易いです」と療法を経験したエリザベスさんは言っています。

 

なぜそんな簡単な事で癒されるのでしょうか?

身体は周波数を持っています。日頃のストレスや睡眠不足、その他の要因で乱れてしまいます。「医学的サウンド療法」はそれを正常に戻します。音の振動による刺激は、リラックスできてコルチゾールのレベルを低くし、生活の質を改善することができます。

セッションの最初の数分で、体は副交感神経状態になります。これは、安静とリラックスの神経系の一部です。 数分後、身体を洗い流すような平静を感じ始め、治療の後半では、「身体は幸福の周波数と調和します」

記事の抄訳です


音には、まだまだ知られていない力がある

 

音楽好きならば、強力な「音の力」を信じています。音が持つ未知の力には、人を癒す力もある事は感覚的に納得できます。

 

色々と科学的な説明を聞くより、単純に一回経験してみたいですね。残念ながらまだ日本には、スタジオは無いみたいです。

 

関連ブログ【Steven Halpern】音楽で治療する作曲家

 


「癒しの音楽」の作曲家

記事にあるtune studioの代わりに、元祖ニューエイジ・ミュージシャンのスティーブン・ハルパーンを紹介します。

   

IQが上がると発表されたモーツァルトの曲

アルゲリッチの演奏です。もう何回聴いたか分かりませんが、IQの方は。。。



お知らせ

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載です。