· 

やってはいけない!忙しい人の不安や心配を増すこのNG行動

 

不安や怒りから離れて、どうしたら毎日を充実させて安らかに過ごせるようになるのでしょうか? 第2回目です。

 

マルチタスクが、心配や不安を増加させる

不安や心配を減らす生き方を紹介しています。前回は、「あやゆる事に完璧を目指してベストを尽くす」ことを止めれば、安心が得られる、と言う内容でした。

 

今回は、一見するとあまり不安や心配に関係なさそうなNG行動を止める事をおススメします。

 

それは、忙しい現代人なら誰もがやっている「マルチタスク」です。心の平穏を得るためにマルチタスクを止める事を紹介します。

 

マルチタスクで自分を見失い、いつも不安な状態になる

Tiny Buddhaの「6 Tips to Release Anxiety to Feel Calm and Free」という記事では、不安や心配の原因にマルチタスクを挙げています。

マルチタスクは不安とは関係ないように思われるかもしれませんが、大いに関連しています。 私は、仕事、電話の確認、電子メールの返信、誰かとの世間話しなど、多くのことを同時にやっていました。
これらの中断は、今何をしていたのかが分からなくなり、戸惑った時は最も不安が根付く時です。
一度に1つのことに集中し、そのアクティビティに注意してください。自然に不安が少なくなっていくでしょう。

記事の抄訳です

 

いつも時間が足りないと感じている現代人は、少しでも効率を求めて「マルチタスク」をしてしまいます。それが不安や心配の原因だったとは。仕事のストレスで心が不安定だと思っていた人は、目の前のタスクに没入して仕上げる事をぜひ試してみて下さい。

 


結局生産性も落ちてしまうマルチタスク

最近、マルチタスクの生産性に疑問を呈するネットの記事が増えています。不安や心配を増す原因だとすると、そういう面からも生産性を落とす面が有る事は否めません。

 

マルチタスクを止めて1つの事に専念するのには、マインドフルネスの練習が必要です。マインドフルネスに興味が湧いたら、ビズフォリオの「ウェルビーイング・プログラム」をチェックして、是非お申し込みを!

 

関連ブログストレスや不安、心配は・・・これを止めると物凄く減ります!



お知らせ

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載です。