· 

受け入れる練習をする

tiny buddhaの「Feel Happy and Stress-Free: 7 Simple Tips to Stay in the Now」という記事では、マインドフルになる7つのシンプルな方法を紹介しています。

今日は2つ目、「受け入れる練習をする」を紹介します。

Practice acceptance.

一度傾向を知る事を始めると、自分自身を判断しない事が重要です。受け入れること、そして、自分自身を大切にする事を学びましょう。

 


傾向は注意の道しるべ

自分の持っている傾向にはそれなりに理由があります。傾向は、注意を必要とする人生の領域を指す道しるべです。

 

もしいつも心配しているのなら、未来に向かってドリフトし始めているのを分かり始めるべきです。マインドフルになって、自分の考えを観察して、いつものように呼吸をしましょう。

 

自分の考えは真実とは限らない

自分の考えは考えで、それが当たっているとは限りません。人は、自分が考えている事が、さも真実のように錯覚してしまうものです。「こういう事が起きたので、こう考えているんだな」と冷静に自分自身を観察する事です。

 

ただ受け入れる

相変わらずポジティブ思考が流行っています。ただ、文字通りネガティブを否定してポジティブに考えなきゃ、と思うと余計に落ち込んでしまいます。「どうして自分はいつもネガティブに考えてしまうんだろう」と自分を批判し、「やっぱり自分は何をやってもダメだ」となってしまいます。

 

「あ、いまネガティブに考えてるな。なんかいつもネガティブに考えてしまうんだよね」と気づき、まず受け入れる事が大切です。