· 

自分の能力を明らかに示す

5 Ways to Boost Your Self-Esteem and Make It Stick』と題して、Psychology TodayにSelf-Esteemをはぐくむ5つのステップが載っていました。今日は3番目のステップを紹介します。

Demonstrate ability.

一度、自分の強みの部分を見つけたら、それを明らかに示す方法を見つけます。もしボウリングが上手なら、ボーリングの試合に出てみる。もし良い文章が書けるなら、ブログとしてエッセイを投稿してみる、もしも良いプランナーなら、家族親睦会を企画してみる。上手くできる事に従事して下さい。
記事の抄訳です 

自分の土俵で勝負

日本語に「自分の土俵で勝負する」という言葉があります。今日の記事はまさにその事だと思います。自分が得意だと思い、他人も認めてくれる、そういう場所が「自分の土俵」です。ポイントは土俵なので、オープンという事です。これが、井戸になってはいけません。

 

これも日本人は苦手?

「自分の能力明らかに示す」というのは、何となく自分の自慢というか、能力をひけらかすようで、苦手という方も多いのではないでしょうか。言われてみると、前回の「自分の良い所を探す」と同様、「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがあるように、どうもSelf-Esteemを高めるというのは日本人には苦手な事が続きます。