· 

キャンプファイヤーを見つめる。今は座禅をしたくない人の瞑想(3)

瞑想というとやはり座禅です。まだ、そこまではやりたいと思わないけど、どんな効果が瞑想にあるのか興味がある人向けに、Pick The Brainが「Five Meditation Practices For People Who Don’t Want to Meditate」という記事を載せています。

 

今日は、その3番目、キャンプファイヤーを見つめるを紹介します。

 

Gazing at a campfire

夕焼けと同じように、キャンプの火は強力な瞑想的な効果を持っています。 火の鳴き声のようなに木からバチバチと音がして、木が小さくなっていきます。 熱を身体で感じることもできます。 これら全ての側面があなたの感覚を刺激し、あなたを内面に引っ張ります。火を見つめる事は、自分の心の中の大きな浄化効果がある事が分かりました。

記事の抄訳です


火を見つめる事の安心感

焚き火が趣味の人は、結構居るらしいです。芸能界では、確か高倉健さんも好きだったと聞いたことがあります。危険な夜から身を守ってきた火には、遥か昔の人類がその火を見つめながら感じた安心感が、DNAのように深層意識に埋め込まれているのかもしれません。ユラユラとした炎とパチパチという音、木が焼ける匂い、五感すべてを刺激して、深く刻まれた記憶を呼び戻すのでしょう。それは、心の奥深くを見つめる瞑想と多分同じ効果です。

 

火を見つめる機会を探す

マンションに住んでいると、最近では防犯上、庭付きの戸建てでも、なかなか火を見つめる事は難しいと思います。その場合は、週末にキャンプにでも行ってください。アロマのキャンドルの火でも良いかもしれません。私は、たまに瞑想アプリの暖炉の絵を見つめている事があります。さすがに、バーチャルでも効果があるのか不明です。

 

もし座禅に敷居の高さを感じているなら、ぜひ火を見つめる事に挑戦して見て下さい。

 

瞑想を始めたくなったら、ぜひ「初心者向け超実践的瞑想ガイド」を読んで挑戦してみて下さい。