· 

知ればわかる。あなたの仕事観を一変させる「サラリーマン複業会社の実態」

 

サラリーマンが複業で経営する会社ってどんなイメージですか?

 

ビズフォリオの実態を紹介します。楽しい感じが伝われば良いな、と思います。

 

サラリーマンが複業で経営する会社の実態を紹介

先日、PMI(日本プロジェクトマネジメント協会)のPMI日本フォーラム2019で、ビズフォリオのメンバーの二人が、ビジフォリオの活動を紹介する講演をしました。

 

講演タイトルは『プロデューサーシップの理論と実際?複業時代のなりわいづくり』で、分業体制の企業ではなく、できる限り自分たちでビジネスを企画して実際にやる組織の実例として紹介しました。

 

せっかく作ったスライドなので、サラリーマンが複業で経営する会社とはどういう感じなのか、その実態をもっと多くの人に知ってもらう為に、SlidesShareで公開しました。

 

やらされ感が半端ないサラリーマンの仕事とは違う、仕事がここにあります

スライドは、大きく2部に分かれています。

 

会社を作ろうと思い立ち、仲間を集めてから登記をするまでが前半で、後半は設立後にやってみたビジネスの紹介です。どのようにビジネスを企画し、進めていくか、というビズフォリオの手順と、実際にどんなビジネスをやっているかを書いています。

 

まだ「会社ごっこ」のように、売り上げも無いに等しいながらも、メンバーがとても楽しくやっている感じが伝われば良いな、と思います。一人でも複業をやってみよう、と言う人が出てくるのを期待しています。

 

「食べていくためには仕方ない、やらされ感や義務感がいっぱい」のサラリーマンの仕事とは違う、仕事がここにあります。

 

きっかけはどうであれ、始めて見れば複業の意味が分かる

今回は、サラリーマン複業会社の実態という事で、ビズフォリオの活動を紹介しました。

 

ビズフォリオは7月が決算月ですので、この8月からは新しい年度に入ります。

 

これからも色々なビジネスを立ち上げて、楽しんでいきたいと思います。みなさんも、是非複業を始めてください。良い企画が有れば、一緒にやりましょう!連絡ください。

 

 

ビズフォリオのサービスです!

ビズフォリオ出版の電子本です!

ビズフォリオが出版した電子本です。ぜひ読んでください。これからも続々企画中です。