· 

【まとめ】SDGs達成で注目されるCSV経営を知っていますか?

 

 

技術が進み、社会が複雑になってくると、複雑な社会課題が出てきます。その一方で貧困や格差など、昔からの課題もそのままです。

 

今日は、そういった社会課題の解決に不可欠な、CSV経営を紹介します。

ビジネストレンド

SDGs達成の重要なカギがCSV経営

ここ最近、SDGsがブームです。本当はパッと盛り上がってすぐに忘れてしまうブームになるものではなく、しっかり取り組んでいくものです。ただブームにならないと拡がらないですし、なかなか難しい所です。

 

SDGsの説明は、国連が決めた具体的行動指針です。

 

持続可能な開発目標(じぞくかのうなかいはつもくひょう、英語: Sustainable Development Goals: SDGs〈エスディージーズ〉)とは、持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲット(達成基準)からなる、国連の開発目標である。

Wikipediaより

 

企業は、SDGsに取り組んでいる事を消費者にアピールして自社の好感を得るだけでは、達成できませんし「息切れ」してしまいます。

 

そのための、重要な考え方、「企業の営利目的と社会的課題のイノベーションによる両立」を謳うCSV経営(Creating Shared Value)を、今日は紹介します。

 

CSV経営とは、企業による経済利益活動と社会的価値の創出(=社会課題の解決)の両立

CSVは、経営学では著名なマイケルポーター教授が提唱する考え方です。

共有価値の創造(きょうゆうかちのそうぞう、英語:creating shared value、略称:CSV)とは、企業の競争戦略を専門とするアメリカの経済学者マイケル・ポーターが2006年、米ハーバードビジネスレビュー誌の同年12月号に『Strategy and Society』と題する共著の論文の中で初めて提唱した経営戦略のフレームワークで、企業による経済利益活動と社会的価値の創出(=社会課題の解決)を両立させること、およびそのための経営戦略のフレームワークを指す。

Wikipediaより

 

最近はCSR室をCSV室に書き換える企業も多くなってきていますが、

  • CSVって何?
  • CSRと何が違うの?
  • どうすればCSV経営を実現できるの?

と色々と疑問があると思いますので、CSV経営の簡単な説明をスライドにまとめました。

 

スライドには、CSVを考えるためのフレームワークを、3つのテンプレートにしてますので、

 是非ダウンロードして、使ってください。

 

テンプレートを使って、CSV経営のアイデアだしを!

今回は、SDGsを達成するための重要な考え方、CSV経営を紹介しました。

 

CSVといっても有名なファイル形式の事では無い事が、お分かりいただけたかと思います。(間違える人はいないと思いますが)

 

この考え方を知ってから、ビズフォリオでも、何かCSVに関するビジネス施策をやりたいと思いながらも、未着手です。この夏休みに、スライドで紹介したテンプレートを使って、考えたいと思っています。

 

ビズフォリオのサービスです


お知らせ

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載です。