· 

危険なの!?他人を理解する事を許すとは?- カール・ロジャーズを探して(8)

ロジャーズ自身が語る「これまでのカウンセリングを通じて学んだ事」 その3

 

共感と理解

カウンセリングには共感が求められます。

 

何故クライアントがそういう行動をするのか、あるいは、なぜそのような発言をするのか、頭で理由を「理解」するだけではありません。クライエントと同じ目線、感じ方で、クライエントの考えを「理解」する事が求められます。

 

 今日は、その「理解」に対する、ロジャーズが学んだと書いている事を紹介します。

 

安易に他人を理解すると、自分自身が変化してしまう

彼がいま、中心的に学んでいると書いているのが、ロジャーズが「これまでに学んだ事」の3番目です。

他人を理解する事を自分自身が許す時、その物凄い価値を見つけた

読んでも良く「理解」出来ません。本人も「自分でも不思議だ」と書いているし、「他人を理解する事を『許す』必要なんてあるのか?」という文を書いて、もう少し説明を加えています。

人がある感じている事や態度、信条を表した時、たいてい「いいね」とか「バカだよ」、「普通じゃない」、「異常だよ」等とすぐに感じがちで、「理解」する事はごくまれだ。
(中略)
「理解」はリスキーだからだと思う。もし他人を本当に「理解」するようにしたら、その「理解」のせいで自分が変わってしまうかもしれない。我々はみんな変化を恐れる。

そのうえで、「理解」する事を許した時は、お互い(自分とクライエント)に大いにポジティブな価値がある、と書いています。 

 

ロジャーズは、容易に理解すると自分の人格が影響される危険があると、警告も兼ねて書いたのでしょうか。「カウンセラーは一致し統合されている」を必要条件に挙げたのは、それが理由だったのかもしれません。

 

引用は全て「This Is Me」の抄訳です

 

英語が障害なのか、理解したくても理解が難しい

ロジャーズをもっと身近に感じたくて、原文にチャレンジしたものの、低い英語力には難易度が高く、骨が折れます。

 

ロジャーズ流に言うと、彼を「理解」する事を許しているのに、なかなか彼が学んだことが「理解」出来ずにチョット残念です。やっぱり英語で読むのはムリだったのか、自信が無くなってきました。

 

更に次回も彼が学んだ事を紹介します。

 

もしカウンセリングに興味を持ったら、ビズフォリオの「ウェルビーイング・プログラム」をチェックして、是非お申し込みを!

 

ロジャーズが学んだ事に興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:自分を受け入れると、そこから自分が変わる - カール・ロジャーズを探して(7)

関連記事:「カウンセリング」から学ぶ、人間関係がうまくいく心得とは?- カール・ロジャーズを探して(5)

 

今日紹介した本です

翻訳本は上下2冊に分かれるようです。

   

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。