· 

賢い選択ができるためには、大きな絵で考える!

 

成功するために、より大きな視点を身に付けましょう!

follow us in feedly

冬将軍の語源は、ナポレオンのロシア侵攻に由来

 

12月になり、今年も残り1カ月を切ってしまいました。

 

昨日は20度を超える変な日でしたが、一転今日は冬らしい寒い日です。「冬将軍到来」といった見出しの記事もあったかもしれません。

 

この冬将軍は、ロシアの「厳しい冬」、つまり「冬将軍にナポレオンが敗れた」と表現したのが語源です。

 

大きく考えるには、「結果にフォーカスする」

自分の周りにも思慮深い人がいます。よくそんなところまで考えていたんだなぁと感心してしまいます。

 

恐らくそういう人は自分と比べてより大きな範囲が見えているのだと思います。Lifehackの記事『How to Develop Big Picture Thinking And Think More Clearly』を読むと、少しだけそういう人に近づけるヒントを与えてくれるかもしれません。

 

記事では、そういう考え方をBig Picture Thinkingと名付けています。キーは結果に注力するです。

 

まず、ロシアを攻めたナポレオンと、守ったミハイル・クトゥーゾフ(Mikhail Kutuzov)の話から始まります。ナポレオンはロシアの首都モスクワを攻め落としますが、その前にクトゥーゾフはモスクワを燃やして逃げていました。結局、冬の訪れとともにナポレオンはロシアの侵攻に失敗してしまいます。

結果に焦点を当てる

ナポレオンはモスクワを得ることが重要だと焦点を当てました。誰も彼を小さな考えと責めませんでした。それでも彼は、ロシアの最も重要な都市を放棄した後でも、ロシア軍がまだ戦うことができることを見逃していました。

 モスクワは結局重要なターゲットではなかったのでしょうか?


成功の専門家、ブライアン・トレーシーのリトマス試験では重要な結果をもたらす範囲では物事は重要で、もたらさないのであればその物事は重要ではありません。 

記事の抄訳です

 

考え方は理解できますし、結果がどうなるか?を選択の基準にしたいとは思います。しかし、少しだけ引っかかるのはホントに平凡な人間がそこまで見えるものなのか?というところです。

 

「結果にフォーカスする」は、「大きな絵で考える」の第1ステップ

今日は、「大きな絵で考える」方法を紹介しました。

 

選択する時は、それを選択した時の結果がどうなるのか、よく吟味してください。

 

実は「結果にフォーカスする」は3ステップの第1ステップです。次回は、残りを紹介したいと思います。

 

成功する考え方に興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:失敗・敗北・負け組にサヨナラ・・・もう心が傷つかない「絶対に失敗しない」方法

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。