· 

冷凍と生の野菜どちらを選ぶべき?

冷凍って、凍らせるときに栄養成分が壊れてしまうのか、疑問に思っている人も多いと思います。Runners Worldに「Should You Buy Frozen or Fresh? The Answer May Surprise You」という記事が載っていたので紹介します。

Should You Buy Frozen or Fresh? The Answer May Surprise You

調べたのはカリフォルニア大学で、コーンとニンジン、ブロッコリー、ホウレンソウ、エンドウ、緑豆、イチゴ、ブルーベリーなどが対象です。

 

結果、ベータカロチンの損失が冷凍は大きい

幾つかの栄養素の調査結果を見てみます。記事では以下の他に、あと7種類程度の調査結果が載っています。気になる栄養素があれば記事を見て確かめてみて下さい。

 

ビタミンC

 

コーン、緑豆、ブルーベリーの冷凍は生と比較しても充分な状態です。

 

ビタミンE

 

生のエンドウ豆、ニンジン、およびトウモロコシでは低下したが、冷凍のエンドウ、緑豆、ブルーベリー、ホウレンソウ、およびトウモロコシではより高かった。

 

ベータカロチン

 

体内でビタミンAに変換される抗酸化物質は、凍結のエンドウやホウレンソウ、ニンジンは、最初のベータカロチン含量の半分以上を失いました。生が失ったのは最初のベータカロチン含量のわずか15%程度です。

 

当然旬の生が良い

旬の野菜は栄養も豊富で味もおいしく、値段も安い、特に、ベータカロチンは生の野菜から取るのがおススメです。ピーマンやパパイヤ、ニンジン、およびバターナッツ・スカッシュのようなオレンジや赤い色の食べ物を食べましょう。

 

忙しい時やお金を節約したい時には、冷凍もありです。