· 

知らないと損!2019年内に絶対に食べたいスーパーフード

 

その凄い効果を昔から人類は知っていて、栽培してきたスーパーフードがあります。

人類が最古から栽培しているスーパーフード

広く人類が古くから栽培してきた植物は、衣食住の様々な用途で使われてきた、人類にとっては本当に有難い植物です。 

 

そんな植物のなかには、豊富な栄養が注目され、最近、スーパーフードとして、再びブームになっているものが多数あります。今日は、フラックスシードとヘンプを紹介します。

 

実は毎朝食べている2つのスーパーフード

Experience Lifeが、スーパーフードを紹介する記事「7 Superfoods to Try Now」を載せています。その中の2つ、フラックスシードとヘンプは、毎朝のサラダにトッピングして食べており、とても馴染み深いので紹介します。

 

古代エジプト人も栽培した、フラックスシード

フラックスシードは亜麻仁です。古代エジプト人は様々な用途で亜麻仁を栽培していました。 

亜麻仁に多く含まれ繊維は健康な腸内細菌を促進すると同時に、血糖値とインスリンレベルのバランスを整えます。有益なリグナンとアルファリノレン酸[ALA]が多く含まれており、ALA酸はコレステロール値の低下に役立ちます。コレステロールを低下させるリグナンとオメガ3が、癌リスクを低下させる可能性があることが示唆されています。

記事の抄訳です

 

ゴマすり器で、ローストしたフラックスシードを擂って毎朝サラダにかけています。

 

プロテインを含むヘンプ

ヘンプは大麻です。もちろん、日本で市販されているものは麻薬性の成分は含まれていません。七味唐辛子にも入っている実は馴染み深いものです。

ヘンプはフラックスシードよりプロテインを含み、必須アミノ酸とマグネシウム、繊維質、鉄分、レアなガンマリノレン酸(GLA)を含みます。それらは炎症を抑え、髪と肌を健康にします。

記事の抄訳です

 

ヘンプシードは、そのままサラダにかけています。パウダーよりナッツの方がサラダにはおススメです。

 

 

明日の朝は、ヘンプとフラックスシードを!

今日は、毎朝サラダにトッピングしている2つのスーパーフード、フラックスシードとヘンプを紹介しました。

 

どちらも、食用だけでなく衣類など幅広く使われてきました。まさにスーパーの中のスーパーなフードです。ちなみに記事では、その他に抹茶、霊芝、マカの根などのスーパーフードを紹介しています。

 

サラダのトッピングだけでなく、スムージーに入れたり、和食ならご飯に振りかけてもおいしいですよ。ぜひ試してみてください。

 

スーパーフードに興味があれば、これもおススメ

関連記事【チアシード】小さな粒に驚きの効果が!話題の腸内フローラも改善

関連記事睡眠改善や腸活、ストレスや不安の解消まで!棗の驚異的効果

 

フラックスシードとヘンプシードのおススメ

毎朝のサラダのトッピングです。フラックスシード用のゴマすり器のおススメはこれ。