· 

アーユルヴェーダを取り入れて、調子を整える朝食を!

 

古代インドの知恵、アーユルヴェーダの考えにのっとった朝食のススメです

follow us in feedly

いかにもと思われる事は、注意が必要です

いかにもというイメージに人は騙されやすいものです。「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」なんてマリーアントワネットは言わなかったそうです。

 

彼女のイメージを勝手に膨らませて、まあ、彼女なら言いかねないと信じてしまいます。

 

古代インドのアーユルヴェーダや中国の風水なども同様です。多くの情報は「いかにも」というものです。たまに紹介の記事を読むと、真偽が怪しかったりします。

 

と言いつつ、今回は、アーユルヴェーダの考え方を取り入れた朝食を紹介します。

 

朝は温かいものを飲み、ソフトな食べ物を食べる

Mind Body Greenに「4 Low-Lift Ways To Incorporate Ayurveda Into Your Daily Routine, From An Expert」という記事が載っていました。アーユルヴェーダ的コンセプトを取り入れる、とありますので、単なるイメージだけなのかもしれません。読んでみると記事のタイトル通りそんなに極端ではなかったので、朝食についての内容を紹介してみます。

朝はまず最初に温かいものを飲む

消化システムを起こすために、食べる前に何か新しいものを飲む。ただし、コーヒーではなく心を鎮めるお湯かお茶です。CCF(クミンとコリアンダー、フェンネルのタネ)茶が3つのドーシャのバランスを働かせます。抗炎症のハーブ茶か温かいレモン水か、なんであれ「暖かい飲み物は消化の炎を再燃させます

 

朝食には柔らかな食べ物にこだわる

硬いものではなく、オートミールやお粥などを選ぶ。消化システムをやさしく起こしてくれます。だから、昼食までに栄養素を吸収して分解できます

記事の抄訳です

 

3つのドーシャというのは、生命のエネルギーは「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(地)」の3つの性質からなるというアーユルヴェーダの考え方です。

 

中国でも朝はお粥ですし、この辺は割と人類共通の知恵なのかもしれません。ところで、インドではオートミールやお粥もカレー味なのでしょうか?

 

朝はバタバタせず、自分の体の調子をよく観察する

今日は、アーユルヴェーダ的考え方を朝食に取り入れる方法を紹介しました。

 

その日一日の調子を左右するという点では、朝食は非常に大事です。バタバタしながらそこら辺に有るものをガツガツと食べたりせず、自分の体の調子を観察しながら余裕をもって食べたいものです。

 

ぜひトライしてみて、体の調子が良かったらそのまま続けてください。

 

アーユルヴェーダに興味があれば、これもおススメ!

関連記事:「食べるだけで自然に健康になりたい!」食事に関する5つのアーユルヴェーダの豆知識

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍を読んでください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。