· 

葉の色合いが美しいセージ。高い抗酸化作用も!

 

今日紹介するハーブは、セージです

多くのハーブは、高温多湿の日本の夏が苦手

早いもので、この木曜日から関東地方は梅雨入りが予報されています。

 

一般的にハーブは荒れた所で育つものが多く割と丈夫な方ですが、多くの西洋種は、日本の高温多湿の梅雨~夏が苦手です。一見元気そうに見えても、油断できない季節になりました。

 

今日は、そんな普段育てているハーブの中から、セージを紹介します。

 

肉の臭み消しに最適なセージは、丈夫で手がかからない

先日、イギリス人が紅茶を飲む前に飲んでいた、セージティーを紹介しました。セージティーにはベランダのセージを使いました。つまり自家製です。

 

関連記事:【番外編】紅茶以前に飲んでいたイギリスのティーに挑戦!

 

「ベランダでガーデニング」を開始した当初からセージを育ててきました。ところが、一昨年の冬に突然枯れてしまい、今のは2代目です。ちなみに、同じく開始当初に買ったローズマリーも昨年虫に根をやられて枯れてしまいました。こちらも2代目です。

 

他のハーブが何かと枯れる中で、セージやローズマリーは丈夫だと思って安心していたのに枯れてしまい、少し戸惑いました。

 

病害虫に強く育てやすい

南ヨーロッパに広く分布するハーブです。

(中略)

 栽培は簡単で、よく日の当たる場所を好んで育ち、水はけのよい栄養豊富な土に植えつけると、大きく成長します。酸性の土壌は苦手ですが、暑さ寒さ、乾燥に強く、病害虫の心配も少ないので、丈夫で手がかかりません。

 

肉の臭み消しに最適

葉を、腸詰めなど、加工食品の香辛料として使用するほか、花はポプリに。ハーブティーは炎症を抑える効果が有るとされています。

宮野 弘司 (監修), 宮野 ちひろ (監修)「こころと体に効くハーブ栽培78種」より引用

 

 

特に春は本当に葉の色がきれいで、見ていて楽しくなります。なのに、最近、なぜか色が悪くなってきて、黄色くなりかけています。少し心配です。

 

パセリ、セージ、ローズマリー、タイム、お好きなハーブを!

今日は、初心者にも向いているハーブ、セージを紹介しました。始めた時は本を読んでも良く分からず、結局、サイモン&ガーファンクルのスカボローフェアの一節「パセリ、セージ、ローズマリー、タイム」の中からタイム以外を買って帰りました。2代目を見ても、あの頃が懐かしく思い出されます。

 

それ以来、色々なハーブに挑戦しては、枯らしてきました。根っからの雑な性格が原因だと思います。もう少しきめ細かく面倒を見てあげたいと思ってはいるものの、なかなか難しいのが現実です。

 

そんな、ハーブからすれば文句ばかりの環境下でも、なんとか育ってくれています。みなさんも、ぜひ植物を育ててみませんか。

 

ガーデニングに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:ちゃんと育ててる”つもり”になってない⁉「黄色い葉」の原因と対策

関連記事:チコリは、葉や花が食べられ、コーヒーにもなる!

関連記事:心の平静を育み、免疫力強化も促す「ガーデニング」のススメ

関連記事:実は間違い!やってはいけないハーブの葉の摘み方

関連記事:新鮮さを実感!ルッコラの葉を切って、そのまま入れる朝のサラダ

 

 

ハーブを育てたいなら、ガーデニングのおススメ本です

ABOUT ME

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。