· 

集中力に欠け、注意散漫・・・集中力を得る方法

  

可能な限り自分の呼吸に集中してみる、そんな瞑想をするだけで、新しい能力を身につける事ができます。

最後は、意識して自分の注意に焦点を合わせる方法

Tiny Buddhaの記事「4 Simple Techniques to Erase Subconscious Negativity」を紹介してきました。過去3回では、無意識に存在するネガティブを意識する方法として、自分の考え方、感情、そして身体を取り上げました。

 

最終回の今回は、「意識して自分の注意に焦点を合わせる方法」を紹介します。今、自分の注意がどこに向かっているのか、ふらふらしていないのか?を意識する方法です。

 

関連記事自分の考え方を意識する、それだけでポジティブになれるってホント!?

関連記事もうネガティブな感情に流されない!

関連記事就寝前に取り入れたい!身体をスキャンしてリラックスする方法とは?

 

注意を呼吸に集中する訓練

 

集中するのは難しい、と感じている人は多いのではないでしょうか。パソコンやスマホ等のIT機器がそれをより難しくさせます。メールやLINEなど様々なアプリからの通知など、常に意識をふらふらさせるトリガーが溢れています。

 

本を数行読む集中力さえ、失いかけています。1行読んでも意味が全く頭に入ってこず、もう一度読み返すことが多々あります。集中力を取り戻す方法が必要です。

 

集中力を取り戻す最も効果的な方法は、集中した瞑想です。呼吸に注意を向け、出来る限りそれを持続します。もし、注意が散漫になったと気付いたら、やり直します。この訓練を続ければ、注意力を制御し集中力を得ることが出来始めるでしょう。

記事の抄訳です

 

呼吸に集中しているつもりが、いつの間にか考え事をしていた、そういう毎度のパターンに気づく事がしょっちゅうあります。結構瞑想の習慣を続けていても、全然集中力をマスター出来なくて落ち込みます。

 


感情や意識など、自分自身を知る事が大事

今回は、意識下のネガティブを消去する方法の4番目、「意識して自分の注意に集中する」を紹介しました。

 

ほぼマインドフルネスの考えに基づいた記事でしたね、どうでもよいニュースや噂話(ゴシップ)に向きがちな意識を、『汝自身を知れ』、自分自身に向けてみてください。

 

意識下のネガティブを消去する方法は、これが最後になります。ぜひ紹介した4つの方法を試してみてください。

 

関連記事自分の考え方を意識する、それだけでポジティブになれるってホント!?

関連記事もうネガティブな感情に流されない!

関連記事これからは自分に優しく、身体にも感謝宣言!

 

お知らせ

ビズフォリオの電子出版シリーズです!

 

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載な「脱・専業サラリーマン」と、ポートフォリオマネジメントの国際標準について日本で唯一の解説本、「ポートフォリオマネジメント教本」です。