· 

【注目】対人関係の改善に大事なのは共感力!

 

対人関係や社会の改善に重要な共感は、とても複雑です。その証拠に共感を表す時は、脳の色々な部分が関与するそうです。

今最も求められるのが、共感力

 

社会生活を営む中で人間が獲得した能力が共感力です。弱肉強食の自己チュウから、他人を思いやるという共感を得る事で組織体を育み、成長してきました。

 

「現代社会は人に冷たい、昔ながらの情が薄くなった」などニュースでよく流れます。しかし、共感は、そういった感情とは似て非なるものです。

 

今回は、共感力についての最新の考え方を紹介します。

 

共感は複雑で、脳の複数部分が関与

最近では、ビジネスの世界でも共感力は注目されています。Fast Companyの記事「5 reasons empathy is the most important leadership skill」によると、リーダーシップのスキルで最も重要なのが共感力だそうです。

共感力が重要な理由
  • スタッフがより忠実になる
  • スタッフと、より強いつながりを持てる
  • 従業員が一緒により良く働ける
  • スタッフが幸福になる
  • 全員が創造的になる

記事の抄訳です

 

凄い効果です。ところで、この共感力とは何だと思います?どう理解していますか。

 

共感は同情、憐みとは違います。「あなたの話を聴いていますよ」というだけのサインでもありません。Psychology Todayの記事「Empathy Is More Than “I Hear You”」の中でエリザベス・シーガル博士は、2種類の共感があると述べています。

共感は、対人関係と社会的との2つのレベルに分けられる総称だと考えています。対人関係の共感は、 個人通しの関係を改善すると考えられ、一方、社会的共感は異なるグループや文化間の関係やルールを改善すると考えられます。

 

記事の抄訳です

 

共感は複雑で、共感を表す時は、実際に脳の複数部分が関与しているそうです。効果だけを狙って、単純なお芝居で示せるものではないし、共感しているふりをするというのすらも、難しいという事ですね。

 

それでも、難しいとあきらめず、共感がもたらす効果を認識して、少しづつでも方法を学んで共感的に成ることが重要だそうです。

 


人から相談を受けた時は、共感を意識してみてください

今日は、共感力についての考えを紹介しました。共感は、産業カウンセラーなら養成講座時から耳にタコが出来るほど聞かされる単語です。とても理解が難しく、しかも、本当にクライエントの話に共感できるかは、更に難易度が高いです。

 

実際にとても複雑な概念で、脳をいっぱい使うという話には納得しました。

 

みなさんも人の話を聴くとき、特に、人から相談を受けた時には、この共感力を意識してみてください。

 

コミュニケーションや感情のコントロールに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:コミュニケーションがうまい行く、自分の感情を上手に表現する方法とは?

関連記事:自分の考え方を意識する、それだけでポジティブになれるってホント!?

    

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。