· 

究極のコスパ!普段の生活でカロリーを燃やして健康的にきれいに痩せる!

 

高いお金を払ってジムで運動しなくても、日常生活のちょっとした工夫でカロリーは燃やせます!

follow us in feedly

普段の生活で、もっとカロリーを燃やす

今は、在宅勤務が多くなり、通勤のために毎日駅を使うことが無くなりました。

 

最寄りの駅の入り口には、10段も無い階段があり、エスカレーターも備えています。

 

駅に向かって通りを歩いていくと、人の流れに逆らって、もう何が何でもエスカレーターに乗ろうとする人が結構います。たかだか数段の階段です。

 

そういう行動をしているから太るのでは?と思っていたので、なんとなく似たような主旨と思えるネットの記事を見かけたので紹介したいと思います。

 

今回のテーマは、普段の生活でもっとカロリーを燃やす方法です。

 

単純すぎる方法でも、積み重ねで相当量のカロリーが燃える

Pick the Brainの記事「Creative Ways to Burn More Calories Throughout the Day」は家では何もしないのに、運動不足だからとお金を払ってジムに行き、トレッドミルでカロリーを消費するより、普段の生活でカロリーをもっと燃やしましょう、という記事です。

 

おしゃれなジムで運動するのは何となくカッコよくて、この方法はかなり地味なので、気の持ちようが成功のカギです。

 

かなりの数の方法が載っているので、いくつか選んで紹介します。

いつも階段を使う

いつもエレベーターを使わずに階段を使うのは、単純ですが物理的な活動を上げる効果的な方法です。

 

遠くへ車を停める

駐車場では、もっと遠くへ停めます。ほんの数分追加されるだけですが、習慣的にやればカロリー燃焼が上昇します

 

食器を洗う

食洗器を使わずに自分の手で洗えば、立って筋肉を動かす数分となります

 

家を掃除する

家を掃除するのは生産的なだけでなく、多くのカロリーを燃やせます。洗濯や掃除器をかけたり、シャワーを掃除するなど、筋肉を動かし、ToDoリストに取り組んでいる時にその日のフィットネスを追加となります。

記事の抄訳です

 

全く意味の無い穴を掘る仕事でもお金を払って人を雇えばGNPは上がります。同じお金を払うなら、それよりは、出来た後に多くの人が使う道を作った方が、より大きな経済効果が期待できます。同じカロリーを燃やすなら、家もきれいになり電気代も下がる方が、よりお得ですよね。

 


日常の作業は、一心にやればマインドフルネスの練習にも

今日は、普段の生活でカロリーを燃やす工夫を紹介しました。

 

電気が私たちを様々な労働から解放した一方で、肥満が社会問題になっています。

 

体を動かすために、一日の生活の中で、今日紹介した方法をプランに織り込んでおきましょう。少し面倒でも、カロリー消費に加えて、体を動かせば気持ちがアップする効果もありますし、脳の働きに良い影響が有るのは科学的にも証明されています。

 

日常の作業は、一心にやればマインドフルネスの練習にもなります。ぜひ、実行してください!

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。