· 

紫式部に学ぶ「自分の気持ちに合う新しいコトバの作り方」

 

平安時代、紫式部の造語法を紹介します

follow us in feedly

紫式部流、新語作成の方法

新しい言葉はどうやって生まれるのでしょうか。

 

平安時代に「源氏物語」を書いた紫式部は、色々と新しい言葉を作り出し、細やかに感情を表現しました。

 

 今回は、新しく語を作る紫式部の方法を紹介します。

 

組み合わせの方法を駆使し、縦横無尽に新語を作成

 

 大野先生によると、語と語を足すのが日本語の新しい語を作る方法です。

日本語の造語法は、全体として見渡すと、結局足し合わせ方式によっている。つまり、二つの語を足し合わせて新しい観念を表現するのが、日本語の新語の作り方の大部分を占めている。

ここはちょっと気になります。最初に基本的な語の枠を作ると、後は、新しい語は作らず、単なる組み合わせに方法が固定されてしまう。何となく、日本人の発想の根本のように思えます。

 

これを紫式部は、現代人から見ると「システマティック」と言える方法で、縦横無尽に新語を作っていきました。

たとえば、ウラメシという語がある。それは、うらめしいという感情をそのまま表現した語である。これの上にモノという接頭語を加えると、モノウラメシとなる。モノは先に述べたように、何となく、さだかならぬの意を添える。従って、モノウラメシとは、どことなくうらめしい感じがするの意となる。
(中略)
他方、ウラメシの下に接尾語ゲを加えると、ウラメシゲとなる。接尾語のゲは、ケという、見た様子、見た格好を示す語の転じた形で、ウラメシゲナリとは、見た所うらめしそうであると客観的に描写する語である。
それにさらに、モノを加えれば、モノウラメシゲナリとなり、どことなくうらめしそうに見えるという意で、これはウラメシゲナリを和らげた表現になる。

他にも、

形容詞の意味を和らげる方式としては、・・・ヤカ、・・・ラカという接尾語を用いる方式も駆使されている。(中略)ハナヤカ(花)・ニコヤカ(和)などの語が作られ、

また、ラカのラは、見た目の状態を表す接尾語で、ツブラ(円)・ハダラ(散)・マダラ(斑)・などと使われ、その下に接尾語カがついてラカとなり、アサラカ(浅)・アカラカ(赤)・アララカ(荒)・ウスラカ(薄)など多数が作り出されたのである
(中略)

また、当時、形容詞の語幹を重ねてあたらしい形容詞を作る造語法があった。たとえば、ウトシ(疎)の語幹ウトを重ねてウトウトシとする類である。これはウトシが疎遠であると断定するに対して、いかにも疎遠な感じであると、意味をゆるめながら、しかも受ける印象を強調する語である。

引用は全て大野晋『日本語をさかのぼる』

 

いざ書こうと思った時に、自分の感情を表現するだけの言葉が全然足りないと感じて、どんどん作っていった紫式部は凄いですね。

 

当時の男性は、漢文が主流で思考停止に

今日は、「源氏物語」を題材に、紫式部がとった新語作成の方法を紹介しました。ここには重要な話が有ります。なぜ紫式部をはじめ多くの女性がクリエイティブだったのか?

 

当時、男性は漢文、女性はやまと言葉で書いていました。漢文は所詮借り物で使いこなせず、創意工夫も無くただただ中国のモノマネで思考停止の状態でした。

 

これって、やたら横文字を使う現代の我々に似てませんか?

 

語源に興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:次々と生まれる!やまと言葉の新しい言葉のつくり方をご紹介

関連記事:日本語を新たに作り直す(reinvent)

関連記事:やまと言葉は抽象語が少ない

 

今日紹介した本です

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。