· 

ピアノ協奏曲第18番第1楽章 - モーツァルトでセルフケア(5)

 モーツァルトの音楽による効果を試しています。

 

今日は、ピアノ協奏曲第18番第1楽章です。

follow us in feedly

ピアノ協奏曲第18番 K456 第一楽章はどんな曲?

 

第5回目はピアノ協奏曲の18番です。1784年9月30日にウィーンで完成しています。モーツァルトにしては珍しく間が空いてると思ったら、8月から9月初めにかけて病気をしていたそうです。Wikipediaを見ると、モーツァルト効果の大々的な宣伝に対して「では、なぜモーツァルト自身はあれほど病弱だったのか?」という指摘が書かれています。

この協奏曲は、当時二十五歳になる盲人音楽家パラディスのために作曲したものであった。

第1楽章はこんな感じです。 

第一楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ 変ロ長調

第一主題はまず弦楽で提示され、管がそれを八度上に反復しながら、展開される。この楽章にも独奏部には第二主題が二つ並立するが前奏部にはその一つだけしか現れない。モーツァルトはこの第一楽章のために三つのカデンツァを残している。

引用は全て属啓成「モーツァルト<III>器楽編」

 

聴いた効果は?

今回は、音に集中できた時間も多少ありました。全体的にリラックスし、耳だけ音に集中と言うのはなかなか難しく、まだまだな感じです。

 

これもおススメ! 

関連記事:ピアノ協奏曲第19番第1楽章 - モーツァルトでセルフケア(6)

関連記事:ピアノ協奏曲第17番第1楽章 - モーツァルトでセルフケア(4)

関連記事:ピアノ協奏曲第16番第1楽章 - モーツァルトでセルフケア(3)

関連記事:ピアノ協奏曲第15番第1楽章 - モーツァルトでセルフケア(2)

関連記事:ピアノ協奏曲第14番第1楽章 - モーツァルトでセルフケア(1)

 

今日聴いた演奏です

曲の紹介に引用した本です

音楽によるイメージ誘導法の本です

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。