· 

ユルくてもOK!複業サラリーマンが、自分たちの会社を経営する方法 - 複業サラリーマンのススメ(16)

 

複業サラリーマンが経営する会社は、「会社」という言葉から受ける印象と全く違います。本当にユルくても、簡単に運営できます!

複業サラリーマンの会社は、ユルさが心地よい

もしあなたがサラリーマンで、「勤めながら自分の会社も作れ」と言われたら、「大変、絶対ムリ」と思うかもしれません。

 

けどそれは、給与所得者を雇うような、あなたが勤めているタイプの会社です。サラリーマンが複業で作る会社は、物凄くユルくて大丈夫です。

 

実例として、今回はビズフォリオの運営の仕方を紹介します。読めば必ず、「よし、やってみよう!」と思うはずです。

 

メンバーはすべて平等、月に1回打ち合わせ

ビズフォリオのメンバーは11人です。上司/部下の関係は無くて全員平等、一人一票で物事が決まります。

 

固定の事務所も無く、月に1回貸し会議室に集まって、ビジネスの打ち合わせをします。

 

基本は、何か新しい事を始めたい人が企画を提案して、メンバーの三分の二の賛成でGOとなります。この時、使用する経費と売上予測を出しますが、間違いなく適当な数字です。どれくらいヒットするかなんて、分かるはずが有りません。

 

決め手は、自分がその企画をやりたいという動機を伝え、どれだけメンバーの共感を得られるか、にかかっています。

 

企画が通れば、各自勝手に進めます。メンバーの得意な分野は分かっていますので、必要なら協力してもらいます。この辺は、「あ、うん」の呼吸です。

 

面倒な事は、ほとんどクラウドサービスを利用

そういうユルい運営は、ほぼクラウドサービスに支えられています。情報共有はサイボウズLIVE、会計はfreeeです。メンバーの一人は簿記二級を持っていますが、別のド素人が伝票を入れています。それでもちゃんと決算まで出来てしまうのが、freeeのスゴイところです。

 

ホームページはJimdo、eラーニングビジネスはeden、貸し会議室の予約はSpaceeを使っています。サイボウズLIVEがもうすぐ廃止なので、Monday.comを現在お試し中です。

 

これだけ宣伝すれば、サービスベンダーから何かプレゼントがあるかもしれません。

 

自由な組織は、自由を実感させてくれる!

今回は、ビズフォリオの運営について紹介しました。堅苦しいピラミッド組織とは全く正反対の、ユルいつながりの自治組織です。

 

恥ずかしいほど、あっけなくて簡単です。大学の大きいサークルの方がもっとしっかり運営されている気がします。

 

だけど、ビズフォリオのおかげで、本当に心の底から自由が実感できます。これでもっと売上が伸びたら最高です。

 

お願い

ビズフォリオのホームページも、是非ご覧ください!

お知らせ

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載です。