謹賀新年。日本のフォーク/ロック黎明期の名曲

新年にちなんで、日本のロック/フォークの初期の名曲を紹介します。

 

キーワード:日本のロック

新しい年の始まりには、日本のフォーク/ロックの黎明期の名曲を聴いてみましょう。これから普及させていくぞという勢いが感じられるはずです。今年も良い年にしましょう。

 

ごあいさつ

高田渡 たかだわたる

 

まずは「珈琲不演唱」。この曲が縁で、京都に行ったときに三条堺町通のイノダってコーヒー屋にわざわざ行った人も多いのでは。飄々ひょうひょうとした魅力に溢れる曲です。

 

きのうの思い出に別れをつげるんだもの

ザ・ディランII

 

これも色々なアーティストがカバーしている超有名な「ぷかぷかプカプカ (みなみの不演不唱)」。こんな彼女だったら、魅力的だけど振り回され過ぎてちょっと疲れちゃうかも。

 

にんじん

友部正人 ともべまさと

 

最後はちょっと前に矢野顕子のカバーでも話題になった「一本道」。ぶっきらぼうな唄い方と、「中央線よ空を飛んで あの娘の胸に突き刺され」というシュールな歌詞に惹きつけられます。