· 

ブルース界に吹き荒れたベン・ハーパー現象。つまりこういう音

 

Welcome to the Cruel World

Ben Harper ベン・ハーパー

  

follow us in feedly

どんなアーティストでも、大抵のファーストアルバムが好きです。ファーストアルバムは、そのアーティストのアマチュア時代のベストアルバムなので曲が良い事が多く、このアルバムも素晴らしいです。

 

もう随分昔に「強力新人デビュー。超お勧め盤」と黄色が特徴のレコード屋さんに宣伝の紙が張ってあり、 ジャケットを見るとなかなかいい感じだったのでジャケ買いをしてしまいました。ホント、正解でした。

 

1曲目はギターのインスト。この曲を聞くと草原の中で日射しを浴びている風景が何故か頭に浮んでくる。アルバム全体の良さを予感させる、素晴らしいオープニングです。

 

2曲目以降はBen Harperの歌が入ります。彼の歌声は線が細くてちょっと頼りなく神経質な感じです。静かにうつむいているジャケと重なりとてもナイーブな人という印象です。それがアコースティックなサウンドと良く合っていると思います。アップテンポとスローな曲が交互に現れてきて、Don't Take That Attitude To Your GraveやForever、Waiting On An Angelなどの弾き語りがお気に入りです。独特の寂しさ感が心に染みます。

 

中でもWalk Awayという曲が大好きです。とてもとても地味なメロディーと演奏で、全然盛り上らない曲なのですが、 何故か繰り返し聞いてしまいます。「また日が昇った。友よ、君がいない日って意味でもある。」こんな曲がアルバムに入っているので、やはりシングル・ヒット曲だけ聴いていると損をします。「言うのは簡単だけど、やってみるのは難しい。でも、時々、時々だけど、君はいなくなるべきだって思うんだ。これまで多くの人を好きになってきたのに、なんでたった一人の事でこんなに悩むんだろ」

 

BenもFUJI ROCKに出る程日本でもメジャーになってしまいましたけど、 ジャケしか情報が無く、あの貼り紙を見て買おうかどうか悩んだ頃が懐しい!

 

アコースティックサウンドに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:「ブルースは黒人の怨歌」って、何て読むのソレ世代

関連記事:西日で現実に引き戻されるまで、ハワイの海岸でリラックスしていると思ったし。

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。