· 

カリフォルニアって青い空だと思う? - Eagles

 【ライブアルバム紹介】

Eagles Live

Eagles  イーグルス 

follow us in feedly

イーグルスのライブは驚きでした。ウェストコースト最大のヒットバンド。その中でもモンスター級ヒットがHotel Californiaです。なんとライブは1曲目がイキナリそのHotel Californiaです。通常ではありえません。Zeppelinが1曲目にStairway to Heavenを演るようなものです。

 

内容はスタジオ盤とほぼ同じ。凄い演奏力です。ただ、この辺が発売当時はチョット嫌な点で、他の曲も含めてもう少しライブっぽくても良いのではと思っていました。歌詞の中でホテルのボーイにワインを頼んだら、"We haven't had that spirit here since 1969" 「1969年から酒は置いてない」「1969年から魂が無い」。ウッドストック以降、ロックの商業化をシニカルに表現するspirit(酒、魂)を掛けた名フレーズです。

 

2曲目はHeartache Tonight。ノリが良い曲です。聴いてるとホントにハーモニーも上手いバンドです。

 

3曲目がスローバラードのI Can't Tell You Why。もうホントに大好きな曲。超お気に入りです。素敵なメロディにスィートなボーカル、優しい音色のギターのソロ―、全てがグッドです。

 

曲目がご機嫌なイントロのThe Long Runの次がキーボードのイントロが印象的な曲目New Kid in Town。サビのメロが好き。この曲もハーモニーが綺麗だなぁ。

 

6曲目がJoe Walsh が自身のソロの曲を歌うLife's Been Good。ドライブのかかった気持ち良いギターの音に鼻にかかったボーカル、いかにもジョーって感じの曲。

 

曲目がSteve Young作のSeven Bridges Road 。カントリーのバンジョーの響きに、ほぼアカペラ部分が多い分厚いハーモニー。南部を感じさせる曲。

 

曲目がピアノをバックに歌うスローのWasted Time。途中から入る泣きのギターのオブリガードがお気に入り。

 

9曲目がTake it  to the Limit 。ランディーマイズナーが歌う大好きな曲。スローな曲で徐々に徐々に盛り上がっていきます。クレジットカードの歌と勘違いしている人が居たとか。実際イントロで「僕の妻が言うにはクレジットカードの歌だね、"限界まで使え"」って紹介しているバージョンもあります。

 

短いストリングスのテープサウンドのDoolin-Dalton (Reprise II)の次が11曲目Desperado もうイーグルス版After the gold rushという風な哀愁漂う曲。そのままバックにストリングスが流れています。ネットで検索したらテープで無く生演奏だった?

 

12曲目はSaturday Night。ベイシティローラーズの曲ではありません。

 

13曲目はJoe Walsh のAll Night Long。7曲目と同じ自身のソロの曲です。なぜかEaglesで書いた曲ではなくソロの曲を歌います。これもいかにもジョーって感じのご機嫌な曲。

 

14曲目はカッコいいイントロのギターリフが有名なLife In The Fast Lane。邦題は「駆け足」ですが直訳はあおりで有名になった「追い越し車線」の人生です。

 

最後はTake It Easy。イーグルスの最も好きな曲の1つです。聴いているだけでカルフォルニアの青い空が浮かんできそう。アリゾナの部分をカリフォルニアに歌詞を変えて大歓声です。最後は伸びやかなカントリーっぽいフレーズのギターソロでコンサートは終了です。

  

 

ウェストコーストサウンドに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:静かな祈り、ささやかな願い

 

ジョー・ウォルッシュに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:豪快なジョー・ウォルシュのギター、これぞアメリカン・ロック

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。