· 

アルトサックスの巨人たち その2 - Ornette Coleman

 The Shape of Jazz to Come

Ornette Coleman  オーネット・コールマン

follow us in feedly

 

このアルバムはジャズの歴史上、革命的なレコードと呼ばれました。挑発的なタイトルや、『平和のFと戦争のFが同じ音ではいけないと思う』といったColeman Colemanの発言も物議を醸したそうです。

 

Colemanの音楽はこの当時はフリージャズと呼ばれ、後に自らハーモロディック理論を唱えるようになります。そういった情報が事前にインプットされてこのアルバムを聴くと、かなりの拍子抜けです。1曲目のLonely WomanはOrnette Colemanの代表作でとても良い曲ですが、革命的に突拍子もないかというと、確かにアルトとサックスのズレたユニゾンなど変な所は有っても、それほど変わった曲という印象はありません。更にアルバムの残りの曲は完全にバップです。Beatlesの長髪のように、当時は衝撃的でも今では普通ということはイッパイ有ります。それが世の常である。革命的だったこのアルバムも今聴くとズレたユニゾン、そういう事なのでしょうか。

 

Jazz史に残る革命的ソング「Lonely Woman」も、革命後の今聴くと純粋に『良い曲』になっていました。そんな時代と共に移ろいゆく評価とは別に、もっと素晴らしい価値がこのアルバムにはあります。Ornetteのアルトの音色です。どの曲も美しく官能的な響きであります。難しいことを考えなくても、結局このアルトの音があれば満足、それ位絶対的な美しさです。

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。