· 

秋に聴きたいオルタナティブ・フォーク

センティメンタルな秋に、繊細なフォークミュージック

 

キーワード:アコースティックギター,フォーク

 

センティメンタルな気持ちになりがちな秋には、生ギターの響きが美しいフォークミュージックが似合います。

 

今回は、正統派フォークとは、どこか変わっている、でも最高に素敵な3人のアーティストを紹介します。

 

XO

Elliott Smith エリオット・スミス

 

顔からは想像できない(失礼!)繊細な歌声と曲調が印象的なアーティストです。残念ながら、2003年に亡くなっています。

XOは初めてメジャーレーベルから出たアルバムです。どの曲も素敵ですが、Independence Dayが特にお気に入りです。秋にピッタリの曲です。

 

Made To Love Magic

Nick Drake  ニック・ドレイク

 

Nick Drakeは、3枚のアルバムを発売するもののあまり売れず、残念ながら1974年に亡くなっています。

Made To Loveは死後発売された未発表曲集ですが、正式版と変わらないクオリティで、静かな歌声を聴いていると不思議に落ち着いた気持になります。

 

Rejoicing In The Hands

Devendra Banhart デヴェンドラ・バンハート

 

前の二人と同じくらい繊細な感じですが、加えてDevendraは、どこかサイケデリックで怪しい感じがします。

比較的短い曲が多い16曲入りですが、どれも美しい宝石のようです。Vashti Bunyanとデュエットしたタイトル曲は特におススメです。