· 

除夜の鐘が鳴らない大晦日なら。

Tabula Rasa

Arvo Pärt アルヴォ・ペルト

 

 

今日は大晦日です。最近は、近所からのクレームで除夜の鐘を突かないお寺もあるそうです。なんとも寂しい話ですね。

 

除夜の鐘が鳴らない大晦日には、代わりにTabula Rasaを聴きましょう。鐘が鳴るように聞こえるので、確かティンティナブリ様式と言う名前がついていたかと思います。

 

たいていの人は現代音楽に良いイメージを持っていないと思います。不気味な不協和音や無調の嵐、ただ騒がしいだけと思われるノイズ等、理論先行で聞き手を無視したアーティストの自己満足といった評価が普通でしょう。

 

けれども、Tabula Rasaは珍しく聴きやすい現代音楽です。「遊び」と「静寂」の二楽章からなり、第一楽章の「遊び」は少し早いテンポで始まります。そのままドラマチックな盛り上がりは無く淡々と進んでいきます。二楽章の「静寂」はテンポも落ちてより地味になります。

 

不協和音等は全く無く、綺麗な曲調で非常に聴きやすいです。現代音楽と言うより宗教音楽という感じです。ただし、聴いているうちに心の雑念が消えていき真っ新まっさらな状態になる、かどうかまでは保証できません。