· 

ヒップホップの古典的名盤3選

 

ヒップホップの初期にリリースされた、もはやクラシックと言えるアルバムを紹介します。

 

ヒップホップがニューヨークに生まれて随分と年月が経ちました。今日は、その原点と言えるアルバムを紹介します。

 

「これで商品なの⁉」と、常識では考えられないほどシンプルなサウンド、そしてラップと呼ばれる独特のフローで詩を読み上げるスタイル、当時は間違いなく一時的な流行と思ってました。。

 

Radio

LL COOL J LLクールJ

 

まずはLL COOL J。1985年、若干17歳のデビューアルバムです。ヒップホップと言えば、このバカでかいラジカセが象徴でした。 プロデューサーのRick Rubinが作り出す、シンプルで重たいビートです。ちょいキャッチーなRock The BellsとThat's A Lieがグッド!

 

The Message

 Grandmaster Flash & the Furious Five グランドマスター・フラッシュ

 

次は、Grandmaster Flash。お決まりのバカでかいラジカセが写ったジャケが超カッコ良いです。1曲目のShe's Freshがファンキーで最高。7分に及ぶThe Message、ボコーダーボイスが特徴的なScorpioも必聴。

 

Critical Beatdown

Ultramagnetic MC's  ウルトラマグネティックMC’s

 

最後は、天才ラッパーKool Keithで有名なUltramagnetic MC's 。当時はニュースクールと呼ばれており、今聴いても全く音が古くなっておらず、相変わらずカラフルサウンドがニューで驚きです。Ego Trippin'をはじめKool Keithのラップもカッコ良すぎ 

 

ラップ/ヒップホップに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:ちょっと知性派でオシャレ、ネイティブ・タンの名盤3選

関連記事:G-Funk 夏の夕暮れの哀愁感

 

   

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。