· 

「似てる」って別にそんな評価不要!

 

Here Comes the Groom

 

John Wesley Harding ジョン・ウェズリー・ハーディング

声の質から少し憂いのあるメロディまで、John Wesley Hardingは実によくElvis Costelloに似ています。そのため二番煎じや二流品のような言われ方をしました。けれども、これだけ狙ってマネできるものでしょうか?ムリな気もします。デビューが遅れただけで随分損をしています。

 

両アーティストもファンですが、正直、聴いた回数だとこちらの方が遥かに多いです。僕の場合、明らかにJohn Wesley Hardingの方がお気に入りです。デビューからAwakeあたりまで、どれもレベルが高く素晴らしいアルバムです。どれを紹介しようか悩んだ末に、今回は、デビューアルバム(実はメジャーレビューアルバムで、本当は2枚目らしいです)のHere Comes The Groomにしました。

 

1曲目のタイトルから、良質のロック/ポップです。どんどんJohn Wesley Hardingの世界に引き込まれていきます。シンプルなバックもJohn Wesley Hardingの歌を盛り立てます。特に、3曲目のSpaced Cowgirlや5曲目You're No Goodといったミドルテンポの曲のメロディーが最高です。Costelloファンの方も是非、色眼鏡無しに聴いてみて下さい。

 

エルヴィス・コステロに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:デビュー10年、ありがちな時期 Elvis Costello

関連記事:何が新しいのか知らないけど、ニュー・ウェイブなら英語で書ける