· 

端午の節句に聴くBeatlesのボーイソング

5月5日は端午の節句です。Beatlesがボーイを唄った名曲を紹介します。

 

今日は、端午の節句にちなんで、タイトルに「boy」が入ったBeatlesの歌を紹介します。

 

Please Please Me 

Beatles ビートルズ

 

まずはファーストアルバムから、シュレルズのカバーでBoys。ボーカルはリンゴです。典型的なロックンロールに、Georgeのチェットアトキンス風のギターソロ。ご機嫌な曲です。

 

Past Masters Vol.1

Beatles ビートルズ

 

次は This Boy。ミディアムテンポで、Beatles特有の重厚なハーモニーを聞かせてくれます。中盤、Johnがソロで歌うところがお気に入り。邦題はなんと『こいつ』

 

Past Masters Vol.1

Beatles ビートルズ

 

最後はBad Boy。Johnが歌う初期のロックンロールのカバーの1つ。オリジナルはラリー・ウィリアムズ。ハードなボーカルがとにかくカッコいい。大昔は、殆ど既存曲ばかりの「オールディーズ」というコンピレーション・アルバムにだけ入っていた、とても困った曲でした。

 

Beatles関連に興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:桃の節句に聴くBeatlesのガールソング

関連記事:John Lennon隠れた名曲3選

関連記事:オリジナルを聴く、Beatlesがカバーしたソウルの名曲

 

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。