· 

Studio Tan - Frank Zappaリスニング・マラソン(5)

Frank Zappaのアルバムを聴く長い長い道です。

 

今日は第5回、Studio Tan です

今回は、中期のStudio Tanです。レコード会社が勝手に発売したいわく付きのアルバムです。版権を取り戻してもCDで販売していたので、Zappaもこのアルバムは気に入っていたのかもしれません。ジャケットもなかなかザッパ的です。

 

タイムテーブル

NO TOTAL TIME TITLE 一言
  3:35:56     前のアルバム:Tinseltown Rebellion
1 3:56:30 0:20:34 The Adventures Of Greggery Peccary

ザッパ流のミュージカル風コラージュミュージック。英語のナレーションが理解できれば、もっと楽しめるかも。

[テキサスとパラグアイの中間に住むコブタちゃんのグレッゲリー・ペッカリーの冒険が数々登場、この主人公は同時にアメリカ中部の頭脳労働者の象徴でもある(※1)]

 

2 4:04:07 0:07:37 Revised Music For Guitar And Low Budget Orchestra

グレートなイントロ。Twenty Small Cigarsに似ています。非常に聴きやすいアメリカの現代音楽です

 

 

3

4:06:52 0:02:45 Lemme Take You To The Beach

思いがけずテクノ風のイントロ。「ビーチに連れてってあげるよ」明るいポップス(歌入り)。間奏もキーボード。アウトロのブレークだけ強烈なギター

 

4 4:15:08 0:08:16 Rdnzl

不思議なタイトル。ゆっくりめの複雑な拍子のイントロに始まり、そのまま続く。と思ったら、2:04からいつものギターソロ。やっぱりこのギターソロを聞かないと、ザッパを聞いた気になりません。

4:42、ここまでギターソロ。永遠に続くような垂れ流しのギターを聴いていると、頭が白くなり幸せな気分に。複雑な曲調に戻って、マリンバのソロも。5:56スイングする電子ピアノへ。そのまま怒涛のソロへ突入

 

※1 八木康夫監修「ZAPPA VOX」より引用

 

ここまでで、アルバム5枚、トータル時間は約4時間15分です。

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。