· 

不満がビジネス機会と理解した時、起業家精神が生まれる - 複業サラリーマンのススメ(25)

 

不満だけ言って何もしないのは、実は心の底では安心しているサラリーマン根性の現れです

コロナウィルス騒ぎで、世間が通常ではない時は

コロナウィルス騒ぎが続いています。「中国人観光客が減って売り上げ激減」、「コンサートや催しものが中止になり大損」、「マスクが無い!」など沢山の不満が日本列島に溢れています。

 

ここへきて、安倍総理の小中高一斉休業要請やデマにより「トイレットペーパーやティッシュの不足」などが発生し、更に不満が増しています。

 

こんな時こそビジネス機会です。とは言え、次に不足するとデマになりそうな商品を推測し、買い占めて高く転売することを勧めるわけではありません。

 

不満を、ビジネス機会に変えるのが起業家

AIの技術進歩に脅威を感じ、「AIが仕事を奪う」という議論が盛んです。半分は当たっていて、半分は違うと思っています。

 

当たっている点は、多くのサラリーマンの仕事はそうなると思います。決められたことをやってくれれば誰でも良い、安ければなお良い、という仕事です。

 

しかし、いくらAIが発達しても、人々の「困った」はそう無くならないと思います。それは、「より良い世界にしたい」という起業家マインドを刺激し続けるはずです。

 

今回の安倍総理の判断は賛否両論です。当たり前です。誰もが賛成なら安倍総理の意思決定など不要で、「すぐやれ」です。テレビでは、不満を言う人たちの映像を連日流しています。そういう人は、AIに仕事を奪われるサラリーマン的人種でしょう。

 

起業家なら、ビジネス機会ととらえて、不満を解消するために何か行動をするはずです。Entrepreneur の記事「Looking for a Business Idea? Turn What Other People Complain About Into an Opportunity.」には、そのことを端的に述べています。

2011年ロス私立大学の看護師プログラムの学生だったスコットは、「手術着を探すのが困難だった。女性用ばかり置いてある店に行き、1組だけの男性用が店の奥に1棚だけある、というのは欲求不満だった。」

 

友達で同じ生徒のアレックスに一通り不満をぶちまけたら、「不満を言う代わりに、男性用手術着の店を始めてみない?」と提案された。

 記事の抄訳です

 

増えているとはいえ、まだまだ看護師は女性の人数が多いため、男性用の手術着は数が少ないようです。この話、誰もが不満だけ言って何もしない、今の日本に最も必要だと思いませんか?

 

不満だけで何もしない、サラリーマン根性は捨て去る

 

今日は、起業家精神とその商売のネタについて、考えてみました。

 

環境破壊やグローバル経済化などの悪影響で、これから疫病や災害、食糧やエネルギー不足、商品流通の不機能など、色々と問題が増えそうな予感がします。

 

「世界をより良くする」商売のネタは、探すのに困らないほど世界に転がっています。もう、「政府が~」「会社が~」「世の中が~」と不満を言うだけで何もしないサラリーマン根性は捨て去り、起業家精神をもって立ち上がる時期ですよ。

 

複業を始めるのに興味があるなら、これもおススメ

関連記事:義務感だけのサラリーマンが、勤労の権利として複業を選ぶとき。

関連記事:新しい第一歩を恐れない!複業を始めれば人生は変わる

関連記事:これが未来!絶対に実現したい「新しい働き方」 - 複業サラリーマンのススメ(17)

関連記事:副業元年に考えたい。本当の生きがいとなる複業とは? - 複業サラリーマンのススメ(15)

 

【複業で自分らしい働き方!】

お仕着せでなく、

働き甲斐を感じる毎日を

複業で実現します

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

ビズフォリオのサービスです!