· 

ヴィジョンボード【夢をカタチにする】

 

 

 

「夢を形に」には、文字通り、実際に形を作ってしまう方法があります。

人生設計,人生デザイン,ライフプラニング,ライフプラン

follow us in feedly

ゴールを、カタチで表現してみる

昔、「読んでから見るか、見てから読むか」という角川の宣伝文句がありました。

 

同じ物語でも、活字で読むのと映像で見るのでは随分印象が異なります。(当時、先に本を読んだ映画を見ると、キャラクターが想像と異なっていて違和感を覚える事が多かった気がします)

 

ライフデザイン・ガイドブックでは、ゴールは文章で記述します。もしかして、それを映像化してみたら、自分でも気が付かない発見があるかもしれません。

 

今回は、ゴールを形にするヴィジョンボードを紹介します。

 

 

ゴールに関連するモノや画像を、ボードに置いていく

以前ゴールについて、ヴィジョンなどと比較して説明しました。

 

ざっくり言うと、ゴールに到着した時の姿がヴィジョンです。Mind Body Greenの記事「How Vision Boards Work & How To Make A Powerful One For Yourself」によると、頭の中に有るヴィジョンを、形にする事ができるそうです。それがビジョンボードです。

 

ヴィジョンボードは、アナタのゴールをモノの形にしたものです。 ヴィジョンボーディングでは、作りたい未来を語る画像やモノを収集し、それらをボード上に配置して、どこに向かっているのかを「見える化」した、見て美しいリマインダーです。

記事の抄訳です

 

ヴィジョンボードの作り方です。4つのステップで作ります。

  1. 目的意識を明確化にする
  2. ゴールを表すモノ(例:雑誌の写真の切り抜きや写真)に照準を向ける
  3. ボードの上にアレンジしながら置いていく
  4. 置き場所を探す

記事の抄訳です

 

 

ボードを毎日見てれば、やる気が出て目標達成の手助けになりそうですね。さらに最近だと動画も有りかもしれません。

 


頭の中に有るだけの夢は、ずっと夢のまま

今日は、ヴィジョンを形にするヴィジョンボードを紹介しました。

 

多くの自己啓発本では、頭の中に有る願望を、紙に書く事を勧めています。その事実からも、恐らく自分の目で見る事は、なんらか効果が有るのだと思います。

 

ヴィジュアル指向の方もそうでない方も、試しにヴィジョンボードを作ってみてはいかがでしょうか。

 

ライフデザインに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:ゴールってそもそも何?その正確な意味をチェック!

関連記事:夢を夢だと諦めずに、限りなく全力で実現できるために

関連記事:なりたい自分を目指す人の「目標設定」のコツ! - システマティック・ライフデザイン(5)

 

【誰もがライフデザインを!】

ライフデザインとは、自分の人生を自らがデザイン(設計)して、「より良く生きたい」という想いを実現する事です。

全ての人がライフデザインをする時代が来るよう、新しいライフデザインのやり方を提供しています。

ライフデザインのおススメ本

スタンフォード式 人生デザイン講座

ビル バーネット (著), デイヴ エヴァンス (著)

 

「デザイン思考」を人生設計に応用した、スタンフォード大学の人気講座の内容です。西海岸の文化なのか、軽やかでスタイリッシュな内容です。

 

 

キャリア開発と統合的ライフ・プランニング―不確実な今を生きる6つの重要課題

サニー・S. ハンセン (著)

 

 1つの固定的な視点や考え方で人生を考えずに、人生はキルティングのように色々な要素が重なり合っている、という考え方には、本当に共感しました。

 

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。