· 

休日の午後。初めてリーフから淹れた紅茶の結果は?

 

生まれて初めて、紅茶の茶葉を買いました。

優雅なティーライフを求めて

最初の茶葉は「オレンジペコ」

早速、週末の会社帰りに、池袋の「三國屋善五郎」に茶葉を買いに寄りました。勘にまかそうと事前に調べずに行ったため、種類が多くてかなり迷っていました。

 

見本に貼ってある説明のラベルを読みながら、「ミルクティー向き」以外を何度も手に取りながら、結局名前が可愛かったので「オレンジペコ」という茶葉にしました。

 

手間をかけて、紅茶を淹れる

裏に貼ってある説明のラベルには、

オレンジペコとは、茶葉の形状がリーフスタイルであることを意味します。香り高いのが特徴で、ストレートのほか、ミルクティーにも最適です。

とあります。「リーフスタイルであることを意味します」の意味が分かりません。

 

こんな感じの葉っぱです。形状に特徴があるのか、知識が無いので、見ても全然分かりません。

 

土曜日の午後に、さっそく淹れました。手間をかけて、ティープレスとカップを事前に温めておきました。いつもの電子レンジとは大違いです。本格的です。

ティーバッグとの違いはわからず。残念。

朝飲んだティーバッグを思い出しながら、色、香り、味を比較してみましたが、残念ながら違いは良く分かりませんでした。

 

お湯の温度とジャンピングが重要らしいです。ジャンピングとは、ティーポットの中で茶葉が対流運動をして、上下にゆっくりと移動することです。次はもう少し工夫したいと思います。

 

おススメ茶葉

有名ブランドの「オレンジペコ」です。Amazonは、三國屋善五郎は取り扱っていないようです。

 

お知らせ

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載です。