· 

充実したティーライフの為に、知っておきたいお茶の基本

 

紅茶も緑茶も烏龍茶も、すべて同じお茶の葉から作られるって知っていました? 

 

優雅なティーライフを求めて

紅茶も緑茶も、同じお茶の葉から作られる

紅茶と言えば、「紅茶は、中国からイギリスへ運んでいる途中に暑さで蒸れて色が変色し、偶然発見された」という話を子供の頃に知り、ずっと信じていました。

 

これは全くのでたらめで、もともと紅茶は中国で作られていました。 紅茶はお茶の葉を発酵させて作ります。

 

今回は、発酵の度合いで分かれる様々なお茶の種類を紹介します。

 

色の名前で呼ばれる、様々なお茶がある

緑茶は、葉の色が緑色だから緑茶、紅茶は水の色が赤だから紅茶(英語ではBlack Teaです)と呼ばれます。それ以外にも、色の名前が付いたお茶が沢山あります。

 

磯淵猛「一杯の紅茶の世界史」にお茶の種類が載っていたので、抜粋して紹介します。 

 

 

(1) 緑茶

 

摘んだ茶葉をまず加熱すると、葉の中の酵素が殺され発酵が止まる。日本は、摘み取った茶葉を蒸して発酵をとめるが、中国では生葉を窯で炒って発酵を止める。

 

(2)白茶

 

微発酵茶。白い産毛のある若い葉や芽を摘み取って、薄く並べて空気に触れさせると自然発酵する。

 

(3)黄茶

 

火を通してから少し発酵させる弱後発酵茶。味わいは緑茶に近く、水の色は黄色い。

 

(4)青茶

 

発酵度はものによって30~60パーセントと大きく幅がある。烏龍茶がその代表。製造直後の葉が青っぽく見えるのでこの名がある。

 

(5)紅茶

 

発酵度が80~100パーセントの完全発酵茶。摘んだ生葉をしおらせて水分を40パーセントほど飛ばし、その後強くもむ事で葉汁をたくさん出し、発酵を促す。

 

(6)黒茶

 

発酵度100パーセントの後発酵茶。茶葉は黒っぽく、水の色は深い赤色。摘んだ生葉をしおらせてから揉んで発酵させ、それを積み上げて長時間置いておくと、茶葉の中の微生物がさらに発酵を促す。

 

 

 

いつか、自分の手で紅茶を作ってみたい

発酵の進み度合いにより、色々と異なる色の名前が付いたお茶が生まれます。面白いですね。

 

いつか、自分の手でお茶の葉を揉んで、自分だけの紅茶を作ってみたいものです。

 

おススメ! ティーポッドとティーコージー

 

おススメ茶葉

有名ブランドの「オレンジペコ」です。Amazonは、三國屋善五郎は取り扱っていないようです。

 

今回紹介した本です


お知らせ

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載です。