· 

知らなかったら損してる!メイド・イン・ジャパンの紅茶

 

日本は緑茶、紅茶はインド。昔はお茶の木の種類が違っている、と勘違いしていました。僅かながら日本でも紅茶を生産しています。果たしてその味は?

 

 

地方のアンテナショップで見つけた、日本の紅茶に初挑戦

年に1回、地方のアンテナショップ巡りをGW期間にします。何故か、銀座に多く集まっています。今年も5月6日に出掛けました。

 

今回は、ある目的をもって高知館に行きました。発酵食品に興味を持ってから、高知の碁石茶という後発酵のお茶を知り、一度飲んでみたくなったからです。

 

そこで、碁石茶の隣に紅茶を見つけ、買ってみる事にしました。

 

高知の紅茶は、すっきり・さっぱり味

紅茶など発酵茶は、不思議と日本では普及しませんでした。お茶と言えば、ほぼ緑茶です。

従来の日本茶業は主として緑茶生産が中心で、発酵茶がないわけではなかったが、紅茶はまったく知らなかったといって良い。紅茶は日本の風土にあわなかった。

角山 栄『茶の世界史』より抜粋

 

ここで言われている「風土にあわない」というのがよく理解できません。日本の気候では美味しい紅茶は生産できない、という事なのでしょうか。

 

 

土佐の紅茶は、ティーバッグとルーズリーフの2つが売られていました。当然、本格派ですから、迷わずルーズリーフを選び、レジへと向かいました。

 

「苦味少なく、香り豊かでコクがある」とパッケージに宣伝文句が書いてあります。

 

飲んでみると、さっぱりとした味です。人によっては、少し物足りない、と感じるかもしれません。

 

 

次は、地元の紅茶にチャレンジ

 

少しだけ不安と期待が混じった気持ちで飲んだ高知の紅茶は、割と癖のない柔らかな味でした。こうなると、他の日本の紅茶も気になります。

 

住んでいる埼玉県は、お茶と言えば狭山茶です。実は、調べてみると紅茶も僅かながら作っているそうです。

 

今度は、地元の紅茶にチャレンジしたいと思います。

 

おススメ! ティーポッドとティーコージー

 

今回紹介した本です


お知らせ

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載です。