· 

心を平穏にする方法を求めて - 都市生活者のエンライトメント (1)

 

かつて、はるか昔のインドで発見された「心を平穏にする方法」があります。

 

follow us in feedly

心を病む人が多い今こそ、ブッダが見つけた心を平穏にする方法が必要

オウム真理教は、日本社会の仏教に対する印象を相当悪いものに変えました。ブッダの「悟り」を知りたい、なんて言うと「おまえはカルトのテロリスト集団か」と白い目で見られます。

 

それが、ここ数年、欧米でマインドフルネスが流行り、日本に入ってきた事により、少し改善されたように思います。

 

不幸な事に、心を病む人が多すぎる今こそ、ブッダが見つけた心を平穏にする方法が求められていると思います。

 

ストレートに、ブッダが学んだ事を知りたい

生きている限りは、人は悩み続けます。仕事に恋愛、人間関係など悩みのタネは尽きません。とは言え、「みんなそうだから」等と言ってられないほど、メンタルを病む人が大勢います。

 

何故悩むのか?仏教では「自分の思い通りにならないから」と定義しています。その究極が、病気、老い、死です。ブッダはそれを憂いで出家し、ついに心を平穏にする方法を見つけ、その後は死ぬまでそれを伝える生活をしました。

 

ブッダの死後はるか経った21世紀の今、同じ仏教でも数多くの宗派が有り、それぞれ異なる教義を持っています。でも、輪廻がどうこうとか、大乗か小乗かなんて、今現実に悩んでいて何とか心を平穏にする方法を模索している人にとっては、どうでもいい事です。その方法を知りたい、手に入れたい、それだけが願いです。

 

平凡な都市生活者でも、ブッダの心を平穏にする方法は可能か?

何かを身につけるには必ず知識と実践があります。ブッダが見つけた心を平穏にする方法も、その両方があり、メディテーションはその実践方法です。

 

マインドフルネスを知り、メディテーションを生活に取り入れても、やはりそれだけでは物足りなくなります。どういう考えに基づいているのか、そもそも、これを続けたら、いったい何処に到着するのか。知りたくなります。

 

また、「仏教思想のゼロポイント」によると、ブッダは、自分が発見した「心の平穏」は出家者だけが得られる、と考えていたようです。これも気になります。求めても無駄なのでしょうか?

そのように「家なき状態へと赴く」ことで割愛を滅尽して涅槃へと至る事がゴータマ・ブッダの教説の本筋であって、在家者に対する説法というのは、そこまでは出来ない人たちに対する、あくまで二次的な性質のものであったと捉えておくべきであろう

魚川祐司「仏教思想のゼロポイント」より引用

 

ブッダの時代と同じく僕たちは愚かです。これは、今回のコロナウィルス騒ぎでもあっけないほど露呈されました。少し異なる点は、今は科学的知識が有ります。テクノロジーも有ります。それらのサポートで、平凡な都市生活者でも「心の平穏」を手に入れる事は出来ないのでしょうか。

 

ブッダの考え方で、ウェルビーイングは実現できる?

ブッダの「悟り」が何だったのか、知りたい人は様々です。

 

仏教の学術的な研究として興味を持つ人がいる一方で、超能力などのオカルト好きやスピリチュアル信者もいます。その中には、本当に自分事として心が平穏になる方法を求め、それを知りたい人もいます。

 

これから、都市生活者のウェルビーイングの実現という観点から、ブッダの考え方を追っていきたいと思います。「悟り」という単語は使いたくないので、エンライトメントにします。

 

あわせて読みたい!

関連記事:知りたい!マインドフルネスがエンライトメントを起こす理由 - 都市生活者のエンライトメント (4)

関連記事:脳科学が見つけたエンライトメントの秘密。それは「前頭葉と「頭頂葉」の急激な活動落下! - 都市生活者のエンライトメント (3)

関連記事:その生涯を探る、「心の平静を得た」ブッダの最期の時が教えてくれること - 都市生活者のエンライトメント (2)

今日紹介した本です

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。