· 

インフルエンサーはどうなるの⁈2020年、ソーシャルメディアのトレンド予想

 

SNSの隆盛で出現した、インフルエンサーについてのトレンド予想です。

 

 

 

相変わらずのSNS、2020年のトレンドは?

もう1月も中旬です。早いですね。ネット上の流行も恐ろしい速さで現れては消えていきます。

 

そんな中で、相変わらずSNSがネットの大きな部分を占めています。「インスタ映え」とか、いつまで言われるのでしょうか?

 

勿論、それをマーケティングに利用しようと考えている企業もたくさん有ります。大企業などは、アカウントを作ったけれども全然効果が出ず、悩んでいるのではないでしょうか。

 

今日は、マーケティングから見たソーシャルメディアの2020年トレンド予想を紹介します。

 

ナノ・インフルエンサーが、存在感を示す

2020年のソーシャルメディアのトレンド予測の記事「12 Social Media Trends to Watch in 2020」がEntrepreneurに載っていました。ストーリーやTikTokなどのビデオなどがメインのキーワードとして載っていますです。

 

その中で、「インフルエンサーはナノへ」という部分があります。恥ずかしながらナノ・インフルエンサーというのを知らなくて、ネットで検索すると、2017年のブログ記事でも発見できました。そんなに新しくもなさそうです。どんな予測内容なのか紹介します。

ビッグネームのインフルエンサー向けのマーケティングが常に有る一方で、小さなインフルエンサーを説得力を過小評価してはいけません。彼らは、小さいですがより明確な支持者を持っていますし、よりパーソナライズされて強力な支持者とのつながりを持っています。それだけでなく、顔のないブランドよりそういった「繋がっている」と感じるインフルエンサーの方をフォローする傾向があります。

記事の抄訳です

 

読んでみると、単にフォロワーが少ないアカウントをナノ・インフルエンサーと言うわけでは無く、「ニッチなテーマで支持者と強いつながりがある」という仮説が背景にはありそうです。

 

ネットの信用が話題に。この先インフルエンサーはどうなるのか?

今日は、「ナノ・インフルエンサーが2020年のソーシャルメディアのトレンドになる」という情報を紹介しました。

 

2019年は、フェイクニュースやネット詐欺(少女誘拐・監禁などの事件もありました)など、改めてネット上での人と人とのつながり、信用・信頼を人々が考え始めた年だったと言えます。

 

そういう意味では、SNSの発達で生まれた、芸能人並みに他人へ影響を与えるインフルエンサーがこの先どうなっていくのか、興味深いですね。

 

あわせて読みたい!

関連記事:なってから困っても手遅れ!不況に備えて企業がやるべき事

関連記事:SNSはもう飽きた!アンチSNSのトレンドはキャンプファイヤー⁉

関連記事:2020年のコンテンツ・マーケティングのトレンド予想 その2

関連記事:2020年のコンテンツ・マーケティングのトレンド予想 その1

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

ビズフォリオのオンライン講座サービスです