· 

幸せになれる!ツラくても自分の人生は自分で責任を取る

 

今こそ、自分の人生に責任を取るべき時です!

follow us in feedly

失敗は、どうしても他人のせいにしがち

昔、「人は転ぶと坂のせいにする、坂が無ければ石のせいにする、石が無ければ靴のせいにする、人はなかなか自分のせいにはしない」と森繫久彌が言うコカ・コーラのCMが有りました。

 

かなりうろ覚えだったのですが、YouTubeで検索して確認する事が出来ました。

 

失敗した時や不幸な出来事が起きた時、どうしても他人のせいにしたくなります。自分の責任と受け入れるのはとても辛い事です。その重さに耐えられないと自己嫌悪が強くなり潰れてしまいます。

 

今回は、幸せに生きるために自分の人生に責任を持つ、という考え方を紹介します。

 

自己で責任を取る事で、自分の人生を取り戻す

Lifehackの記事「15 Ways to Live a Fuller and Happier Life」では、幸せになる15の方法を3つのカテゴリーに分けて説明しています。

これがLet Go(放っておく), Discover(発見する), Take Action(行動を起こす)という結構ユニークな分類です。

 

放っておくのは、エゴや完璧主義などです。発見すべきなのは自分の価値や自己表現、セルフ・コンパッション等です。

 

そのリストの最後の最後、行動を起こすので気になったのが、Take Personal Responsibility(責任を取る)です。

行動を起こして、自分の人生に責任を取る時です。悪い事は日々誰かに起こります。他の人たちや状況を責めるのを止めるべきです。これはシンプルですが重要なマインドセットです、なぜなら(人生の)コントロールを取り戻すからです。

 

あなたとその行動で起こった事を全て自分で責任をもてば、変えることができます。得た知識を使って、将来同じ間違いが起こるのを防げます。しかしながら(そしてこれがキー)、自分がどれだけ悪い人間かと自分自身を責めたり虐めたり、に使わない事です。学び将来に適用する、自己を恥じるのは無しです

記事の抄訳です

 

自己で責任を取るのは、自律が必要だと強く感じました。他人の指示でながされて生きているなら、自分で責任を取るなんてとても無理ですね。

 


失敗したら学ぶ、起こったことは全て良い事

今日は、自分の行動と怒った結果にせきにを持つ事が幸せになる、という考え方を紹介しました。

 

記事に有るように、セルフ・コンパッションがないと、自己肯定感が限りなく低くなるので、注意が必要です。

 

起こったことは全て良い事です。今はそう思えない事でも、時が経ち後から振り返れば、殆どはそう思えるはずです。

 

起こった出来事から1つ1つ学んでいき、毎日楽しく暮らしていきましょう!

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。