· 

漢字からひらがなが生まれた様に、輸入品のロックから日本語のロックが完成!

 

無罪モラトリアム

椎名林檎 しいなりんご

  

follow us in feedly

 

かつて日本人は文字を持っていませんでした。中国から漢字を輸入した後に、和歌など日本の文化に合わせるため、相当な苦労の末、ひらがなを発明しました。

 

このアルバムを聴いていると、そんな事が頭に浮かびました。ロックが輸入され多くの日本人ロッカーが誕生していき、日本オリジナルの音楽としての完成形を女性アーティストが示してくれたのがこのアルバムです。まさに、ひらがなのロックです。

 

ノイジーなギターで始まる1曲目の『正しい街』は、曲調はメロディアスで聞きやすい曲です。歌詞は意味不明なのに、「都会では冬の匂いも正しくない」、断片的に聞き取れるフレーズがとても印象的です。

 

2曲目の『歌舞伎町の女王』は、歌謡曲風のメロディ。歌舞伎町の女王と呼ばれた母が自分を捨てて男と出て行き、自分が新しい歌舞伎町の女王となるという、ストーリー仕立ての歌詞です。

 

3曲目が『丸の内サディスティック』。歌詞はとことん意味不明でナンセンス、語呂合わせやダブルミーニングなど、言葉を楽しそうにもて遊んでいる感じがします。冒頭のキーボードの音もクールで、コード進行がカッコよく、終わりにはジャズ風のスキャットも入る、このアルバムのベストトラックです。他の曲も良い曲なのは間違いなくても、この3曲はアルバムのなかでも特にかっこいい!

 

椎名林檎が、ひらがなを駆使して名作を書いた紫式部や清少納言のように思えてきました。結局この国のオリジナルは、女性が作っている!

 

日本のロックに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:矢沢永吉、初期のアルバムです。ヨロシクゥ

関連記事:春への想いが、タイトルに入った日本のフォークソング

関連記事:謹賀新年。日本のフォーク/ロック黎明期の名曲

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。