· 

ジャズの巨人がファンクを演ったけど、聴くといつもぼーっとしてしまう - Miles Davis

 

On the Corner

Miles Davis マイルス・デイビス

follow us in feedly

Jazzの巨人が挑戦した、不思議で知的なFunkミュージックです。JAZZのアーティストがFunkをやったレコードというと、このMiles DavisのOn the CornerとかOrnette ColemanのDancing In your Headなんかが頭に浮かんできます。ただし、どちらも、とてもまともにダンスができるような曲ではありません。

 

最初に聴いたときは、4ビートのJAZZのイメージから余りにもかけ離れていて驚きました。それに、CDでは4曲入ってると表示されても、聞いていて何処で曲が替るのか良く分かりません。要するにどれも同じ曲に聞こえます。

 

「ストリートの音を表現したかった」とMilesがインタビューで答えていたような記憶があります。ですが、タブラとかシタールといったインドの楽器が何故か入っていて怪しい雰囲気を増しています。

 

Milesの深い意図が有るの無いのか不明ながらも、 このチャカポコチャカポコという音を聞いていると 思考がストップしてきます。段々頭の中が白くなってきてなんだかとても気持ち良くなってくる。中毒性の高い、麻薬のような音楽です。

 

ファンクに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:走り出したら止まらないベース

関連記事:エッチの時に流す音楽をファンクかと思ってた黒人音楽ファンはセックス・マシーンだからがその理由

関連記事:50年経っても変わらないアメリカ黒人の社会事情と絶望感

 

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。