· 

世紀末レクイエム

GORECKI / Symphony No.3

グレツキ

 

follow us in feedly

 

どのジャンルにも、似たような扱いを受けている音楽が有ります。ジャズではフリージャズ、ロックではアバンギャルド、そしてクラシックでは現代音楽です。いずれも『訳が分からない』や『アーティストの単なる自己満足』といった評価で殆どの人は聴きたがりません。

 

現代音楽は、12音階が出てきて調性を捨てた所から、誤りが始まった気がします。何だか小難しい理論があるとは思うものの、全然聴く気がしない、1曲聴くのも何かの修行のようです。

 

そんな中では、この曲は珍しくヒットしました。まさに、世紀末のレクイエムとも言える、現在音楽らしくない美しさを持った曲です。

 

第一楽章は恐ろしく静かに始まります。そのままドラマチックな盛り上がりも無く、何度も主題が繰り返されます。不協和音や無調が多い現代音楽の中では、確かに綺麗な曲調を持っていて非常に聴きやすいのですが、ヒットしたのが不思議なくらい地味な曲です。刺激に溢すぎた環境にストレスを覚える疲れ切った現代人のニーズにすっぽりはまったのでしょうか。繰り返しを聴いていると心が安らぐというか妙な心地良さを感じます。

 

途中女性ボーカルが入る所が唯一パターンが破られる所です。女性ボーカルも主題と同じ位静かな唄い方です。まるで戦争の後の廃墟で戦争の愚かさを嘆くというような近未来のSFっぽい光景が何故か浮かんできます。二楽章、三楽章も盛り上がらないという基本は同じながら、歌がメインとなるため繰り返しの効果は一楽章よりも薄れます。

 

ポピュラーな現代音楽に興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:除夜の鐘が鳴らない大晦日なら。

関連記事:墨絵のような現代音楽

 

ABOUT ME

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。