· 

はぁ?ジャパン?英国のバンドなのに?「エキゾチック・ジャパン」かと思ったし。

Tin Drum

JAPAN ジャパン

 

follow us in feedly

バンド名の割に、このアルバム以前のJapanは特に日本的な所は無かったのに、このアルバムは思いっきり「日本的な」アルバムです。それも、欧米の人が抱く日本のイメージ、中国とイメージが混ざったエセ・オリエンタルムードそのものです。東洋的なメロディ、歌舞伎っぽいSEなどあえて狙ったのでしょうか?外国人観光客がたまに着ている、意味不明の漢字が書いてあるTシャツを思い起こします。

 

80年代の有る時期、雨後の竹の子のようにシンセがピコピコ鳴るサウンドのバンドが現れました。Japanが他のテクノポップと違う所は、David Sylvianの個性的なボーカルもさることながら、サウンド的にはMick Karnのクネクネとしたフレットレス・ベースです。フレットレス・ベースは、Jaco Pastorius やPercy Jones(Brian EnoのAnother Green Worldの1曲目でベースを弾いている人)が有名ですが、Mick Karnも負けないくらいオリジナリティがあります。

 

しかし、Ghostは全くのベース・ドラムレスのスローな曲で、Davidのボーカルを存分に聴かせる曲です。このあたりがJapanの懐の深さです。

 

ジャパンやテクノに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:ジャパン最後のコンサート(土屋昌己も参加)

関連記事:寒い冬は、ダンサブルなテクノポップで温まろう! 

 

ABOUT ME

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。