· 

1990年代のグランジ関連

甦れ!カート・コバーン

 

キーワード:シアトル

音楽好きにはたまらない漫画「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん 」は、ジミ・ヘンドリックスの他にもカート・コバーンの亡霊が出てきて、ジミとジャムセッションをやります。熱い場面です。

 

そこで今回は、懐かしのグランジを紹介します。

 

NEVERMIND

Nirvana ニルヴァーナ

 

グランジと言えば、このアルバム。1曲目のSmells Like Teen Spiritは、ほぼ何を言っているか分からないボーカルとポップな曲調が衝撃的でした。この曲のモンスターヒットのおかげで、カートの人生が狂ってしまうのは皮肉です。

 

Green Mind

Dinosaur Jr. ダイナソーJR 

 

続いてこちらもバカ売れアルバム。タバコを吸う女の子が衝撃的なジャケット。弱々しくてやる気ないボーカルと、意外にハードなギターがカッコイイです。

 

GOO

Sonic Youth ソニック・ユース

 

最後はソニックユース。ニルヴァーナを強力に後押しした事でも有名です。メジャー第一弾のポップなこのアルバムは、キム・ゴードンが歌う超ダルダル雰囲気の「Kool Thing」がお気に入りです。

 

   

音楽好きなら、この漫画は絶対に気に入るはず!

ただいま11巻まで出ています。読めば必ず「大人買い」