· 

梅雨の季節に聴きたい、雨の曲 その2 ロック編

 

雨に関係する曲を紹介します。2回目は、雨に関係するロックの名曲です。

 ムシムシ、ジメジメした梅雨の季節、少しでも気分を盛り上げるため、雨に関連する曲を紹介しています。

 

今回は、タイトルに雨がついている、ロックの曲を紹介します。

 

American Beauty 

Grateful Dead グレイトフル・デッド

 

まず最初は、Box Of Rain。サイケ色が随分薄らいできて、アメリカの伝統的な音楽になっていく頃のアルバムです。頼りなげなリードボーカルは相変わらずながら、なかなかのハーモニーを聴かせます。ジェリー・ガルシアのギターソロが無いのだけが残念。

 

Eric Clapton

Eric Clapton エリック・クラプトン

 

次は Let It Rain。クラプトンの初ソロアルバムの最終曲です。歌う事にはまだ自信が無い感じが滲み出ているようなボーカルです。曲はブルースではなく、キャッチーで元気な曲です。中間の短いソロもドリーミーな音色、フレーズです。でも、エンディングでは、いつものソロを聴かせてくれます。

 

D & B Together

Delaney & Bonnie デラニー&ボニー

 

最後はCalifornia Rain。 Let It RainをEricと共作したDelaney Bramlettのソロに入っており、Delaney & Bonnieの最後のアルバムD & B TogetherがCD化された際にボーナストラックとして追加されています。当然、パワフルなBonnieの歌声は入っていません。ゆったりとしたソウルフルで良い曲です。

 

   

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。