· 

【 Ann Peebles】洗練されたHiサウンドと女性ボーカル、南部ソウルの完成形

 

The Complete Ann Peebles on Hi Records Vol.1

 

Ann Peebles アン・ピーブルズ

Ann Peeblesは1947年、セントルイスに近い、Kinlochというところで生まれました。11人兄弟の7番目でした。面白い事に、小さい頃、両親から「7番目の子供はバカか賢いかのどちらかだと聖書に書いてある」と言われ、賢くなろう、と思ったそうです。本当にそんなことが聖書に書いてあるのかは分かりません。

 

母親の早過ぎる死後、お父さんに励まされてSam CookeとAretha Franklinの後を追ってR&Bシンガーとなる決心をしました。そして、HiレコードのA&RマンだったWillie Mitchellのオーディションを受ける事になりました。Willieがピアノを弾いてSteal Awayを歌いました。勿論合格し、AnnはAl Greenより早く、Hiと契約したR&Bシンガーとなりました。

 

このCDは、AnnのHiレコードにおける1枚目から4枚目までのアルバムを収めた、2枚組、全38曲のお徳盤です。ArethaのChain Of FoolsやFontella BassのRescue Meなど、結構カバー曲も入っています。そして、ヒットした代表曲の1つI Can't Stand The Rain。魅力的なAnnの声を満喫できます。いつまでも聴いていたい、と思わせる心地よさがあります。加えて、洗練された演奏。セザンヌの絵のように、静かで全てが完成されています。彼女の声はJohn Lennonも絶賛していて、僕もJohnのインタビュー記事から、Annを知りました。

 

これもおススメ!

関連記事:ソウルフルな歌声をありがとう、アレサ

関連記事:John Lennon隠れた名曲3選

関連記事:梅雨の季節に聴きたい、雨の曲 その3 ソウル編

 

パワフルな女性ソウルボーカルに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:【Denise La Salle】パワフルだけど繊細、ソウルフルな歌声

関連記事:【Hot Sauce Featuring Rhonda Washington 】無名ながら、1曲目の歌い出しを聴いただけでノックアウト