· 

Hot Rats - Frank Zappaリスニング・マラソン(8)

Frank Zappaのアルバムを聴く長い長い道です。

 

第8回の今日は、2作目のソロアルバムです

今回は、初期のHot Ratsです。かなりヒットしたらしく、1971年のヒットチャートNo.1の推移がAbby RoadからIn the Court of the Crimson King、その次がHot Ratsだったそうです。この不気味なジャケでそこまで売れるとは、いくらなんでも本当でしょうか?

 

タイムテーブル

NO TOTAL TIME TITLE 一言
  5:28:09    

前のアルバム:Ship Arriving Too Late To Save A Drowning Witch

 

1 5:31:48 0:03:39 Peaches En Regalia

このアルバムだけでなくZappaを代表する美しい曲です。 メロディが綺麗なのに加えて、楽器の不思議な音色と完璧なアンサンブルが 恐ろしくモダンな印象を与えます。昔から大好きな曲

 

2 5:41:05 0:09:17 Willie The Pimp

ボーカル曲。Captain Beefheartのパワフル過ぎるだみ声です。

1:09から延々とギターソロが続きます。初めてザッパ的なギターソロをお披露目した曲です。

 

3 5:50:05 0:09:00 Son Of Mr. Green Genes

Uncle Meatに入っていたボーカル曲のインスト版。随分長くなっています。もともとメロディーがきれいな曲を素晴らしい楽器のアンサンブルで奏でるとんでもない曲です

 

4 5:53:09 0:03:04 Little Umbrellas

小作品。この後も、Twenty Small Cigarsなど度々みられるタイプの曲です。ひたすら美しい曲調です

 

5 6:10:05 0:16:56 The Gumbo Variations

カッコいいベースのイントロから始まり、

1:10 サックスの白熱したソロ。熱い。ところどころ絡んでくるギターとのインタープレイも最高 

7:30 今度はバイオリンのソロ。白熱して熱い。12:12 ギターのソロ。白熱して熱い。アレっ。テーマを演奏したら各楽器がソロのリレーって典型的なBebopのパターンかも。ドラムやベースのソロを挟んで、テーマに戻って終了

 

6 6:15:22 0:05:17 It Must Be A Camel

最後は、4曲目と同じ感じ、現代音楽風の小曲。この曲もひたすら美しい

 

 

ここまでで、アルバム8枚、トータル時間は約6時間15分、になりました。

 

Zappa初期のアルバムに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:Burnt Weeny Sandwich - Frank Zappaリスニング・マラソン(3) 

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。