· 

ランニングの質が明らかに変わる!ヨガのテクニックでここまで!

 

 

ヨガのテクニックをランニングに応用する事で、あなたの走りを改善できるかも

 

日常の動作は全てヨガ、ランニングにも有効なはず

なにも床の上で変なポーズをとるだけが、ヨガでは有りません。

 

呼吸や身体の動きなどにフォーカスして、身体の全体性を取り戻し、周りとの調和を図るのが目的です。ポーズをとっている・いないにかかわらず、一日の生活のすべてがヨガです。

 

そういう意味では、日常の動作は全てヨガですので、ランニングにも有効なはずです。

 

今回は、ランニングにヨガのテクニックを取り入れる方法を紹介します。

 

呼吸やマントラ、ポーズなど、ヨガのテクニックを応用

Yoga Journalの記事で「4 Yoga Tricks to Steal for Running」というタイトルが目を引きました。さすがに、走りながらヨガのポーズをとるわけは無い、恐らく、ランニングの前後にヨガのポーズをとるのだろう、と予想しました。ヨガを取り入れる方法は4つ書かれており、そのうちの1つは走る前に「山のポーズをとる」でしたので、当たりです。

 

残りは?というと、

呼吸を意識する

呼吸と歩幅の関係を意識し、上手く走れた時のテンポを覚えておく。調子が悪いときは、そのテンポを取り戻すよう努力する


マントラ

ヘッドフォンを片付けて、頭の中で好きな曲の1つや2つの節を繰り返してみる。長くゆっくり走る用、短距離を早く走る用など歌のライブラリを用意しておく


ドリシュティ(Drishti)

街灯など何か目標を定め、それらを見つめる(視線を定める)ことで、前へ進むエネルギーの投げ縄(lasso)を作る 

記事の抄訳です

 

走っていると、理由もわからず歌の一節が頭の中でグルグルする、という経験は誰にでもあると思います。あれはマントラ効果だったのですね。

 

些細なヨガのテクニックで、思いがけない効果が

今日は、ヨガのテクニックをランニングに取り入れる方法を紹介しました。

 

悠久の歴史を持つインドの知恵で、とてつもなく早く走れたり、超人的な距離を走れるヨガのランニングフォームを期待した人には少々残念でした。

 

でも、今回紹介した方法で、少しだけランニングが改善されるかもしれません。

 

ぜひ試してみてください。

 

ヨガに興味があるなら、これもおススメ

関連記事:ただ静かにしているヨガが毎日ハッピーに過ごす秘訣⁉

関連記事:ヨガを日課にして、メンタルヘルスを維持