· 

自分らしく生きるために知っておきたい「満足度」 - システマティック・ライフデザイン(4)

 

 

アセスメントは、今の生き方の何を自分は不満と感じているか、その気付きとなります。

 

 

人生設計,人生デザイン,ライフプラニング,ライフプラン

色々な視点から、自分の人生を見つめる

かけがえのない自分の人生ですから、他人からどう言われても関係ありません。自分が納得できる、こうありたい、という生き方をしたいものです。

 

もちろんそれは、お金持ちになりたいとか、不労所得で遊んで暮らしたい、といった類ではダメです。人間の欲望は限りが無く、そういった単純な願望だと、どこまでいっても欲求は満たされません。

 

自分が望む満足のいく生き方とは何か?色々な視点から自分の人生を見つめる必要が有ります。

 

満足度をベースに、8つの項目をアセスメント

いよいよ今回から、システマティック・ライフデザインの詳細を説明していきます。

 

本日は、前回説明した7つのステップの一番最初、アセスメントです。

 

アセスメントと言っても、客観的な評価ではありません。あくまで、自分自身の心情を正直に表していきます。

 

方法はとても簡単で、8+1フレームの8つの項目に対して、自分自身の満足度を4段階で評価していきます。

 

 

【8つの項目に対して4段階で評価】

 

【レーダーチャート形式で表示】

繰り返しになりますが、客観的な評価ではなく、あくまでも自分自身の満足度です。例えば、友達が少なくても、特にそれを不満に思っていなければ人間関係は「満足」です。「親しい友人もいないのに、満点はおかしいな」などと思う必要は有りません。

 

「人生の満足度アンケート」にご協力ください!

アセスメントシートを、ウェブ上の簡単な質問形式にしています。完全無記名で時間は約1分です。

 

是非アンケートにご協力ください。

 

ご協力いただいた方全員を合計した全体の傾向は、コチラからご覧いただけます

 

今、みんながどの領域に関心を持っていて、あるいは、不満に思っているのか興味深い結果になっています!

 

こんな感じの超簡単な内容です


アセスメントで、目標設定ができるようになる

今日は、システマティック・ライフデザインの最初のステップ、アセスメントを説明しました。

 

アセスメントにより、今の自分の人生に対する満足度や、この先何に注力したいか目標設定が出来るようになります。

 

毎日退屈なのは生活が単調だからと思ってレジャーやショッピングにお金を払っていた人は、ライフデザインをすればその原因を知ることができるのが、お分かりいただけたと思います。

詳しくは、ビズフォリオのライフデザイン・プログラムをご覧ください

 

次回は、ステップ2、目標設定を説明します。

 

【誰もがライフデザインを!】

ライフデザインとは、自分の人生を自らがデザイン(設計)して、「より良く生きたい」という想いを実現する事です。

全ての人がライフデザインをする時代が来るよう、新しいライフデザインのやり方を提供しています。

ライフデザインのおススメ本

スタンフォード式 人生デザイン講座

ビル バーネット (著), デイヴ エヴァンス (著)

 

「デザイン思考」を人生設計に応用した、スタンフォード大学の人気講座の内容です。西海岸の文化なのか、軽やかでスタイリッシュな内容です。

 

 

キャリア開発と統合的ライフ・プランニング―不確実な今を生きる6つの重要課題

サニー・S. ハンセン (著)

 

 1つの固定的な視点や考え方で人生を考えずに、人生はキルティングのように色々な要素が重なり合っている、という考え方には、本当に共感しました。

 

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

TWITTERでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。