· 

怖すぎる座りっぱなしの生活。「歩く瞑想」で改善を!

もはや2足歩行では無く、座っているのが人間の特徴だ、と言った人がいます。

 

そんな現代人におススメのメディテーション(瞑想)があります!

座りっぱなしの現代人には「歩く瞑想」を

昔、忙しく動き回っている中で、少しでも時間を見つけて座禅をする事には、大きな効果が有ったはずです。

 

今でも、座ってメディテーション(瞑想)をする事は、何ら価値が下がるものではありませんが、現代人は一日中座っています。むしろ「歩く瞑想」の方がより良いように思えます。

 

今回は、現代人にピッタリの歩く瞑想を紹介します。

 

歩く事と瞑想で、効果が倍増

Do You Sit All Day? A Walking Meditation May Be Just What You Need」と言うタイトルの記事が、Mind Body Greenに載っていました。

 

まず、座りっぱなしの生活の危険性を述べています。30年の研究成果がベースになっているそうです。なんと、平均的なアメリカ人は1日に13時間も座っています。

座りっぱなしの生活は、血行や血圧、肥満、創造性、鬱病、ストレス、コレステロール値まで、ありとあらゆる私たちの健康に悪影響を与える

記事の抄訳です

 

余談ですが、 会社で座りっぱなしなのに、電車では目の色を変えて座席の空きを探す人がいますね。最近増えている気がします。

 

そういう現代人の生活の中で、瞑想+歩く は効果倍増です。ストレスを減らし、日々の生活で打ちひしがれた思いを止め、より穏やかで健康な毎日が訪れます。30分、あるいはたった10分でも、マインドフルに歩く事を日常生活に取り入れるべきです。

 

典型的な電車通勤のサラリーマンなら、往復の通勤を少し工夫すれば、すぐにでも始められそうですよね。

 


手遅れになる前に、立ち上がって歩きましょう

今日は、一石二鳥の効果が有る「歩く瞑想」を紹介しました。

 

本当に、座ってばかりの生活は、身体に恐ろしい悪影響を与えます。手遅れにならないうちに、「歩く瞑想」を始めましょう。 

 

お知らせ

ビズフォリオの電子出版シリーズです!

 

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載な「脱・専業サラリーマン」と、ポートフォリオマネジメントの国際標準について日本で唯一の解説本、「ポートフォリオマネジメント教本」です。

<