· 

本当のポジティブ思考とは?ネガティブな考えに打ち勝つ方法発見!

 

世の中は全て、陰と陽で成り立っています。前向きにポジティブに生きるという事は、単純にネガティブを無くすという事では有りません。

ネガティブもポジティブも、両方の考えが必要

腸内の善玉菌と悪玉菌と同じで、「悪」は全滅すればよい、というほど単純では無いように、頭の中もポジティブもネガティブも両方の考え方が必要です。

 

世の中、自己啓発セミナーのように「ポジティブに変わろう!」という底の浅い明るいメッセージが溢れ、ネガティブが悪い印象のようになっています。本来、思慮深い、慎重で手堅いなどのメリットが有るはずです。

 

ただ、人間はネガティブに傾きやすいのは事実です。頭の中がネガティブばっかりになり、支配されてしまうと問題です。全く腸内フローラと同じですね。

 

今日は、ネガティブな考え方に勝つ方法を紹介します。

 

自分の考えの傾向を知る、悲観的過ぎだったら勇気を出して対処する

Lifehackの記事「7 Powerful Ways to Stop Negative Thinking」では、ネガティブな考えへの対応手順を紹介しています。

自分の考え方を調査してみてください。楽観的な傾向があるか、悲観的な傾向があるか、あるいは優柔不断に状況によりそのどちらかに傾くか、自分自身に問いかけてみてください。
もし、自分の考え方は悲観的なタイプだと思ったら、何故かを考えてみてください。ある特定の状況や人に対してのみそういう傾向が有るのか、常にネガティブな考え方になる特定の出来事や状況、人、場所などが有るのか?

記事の抄訳です

 

今度、批判する声が自分の頭の中で聞こえたら、どのタイプなのか考えてみてください。そうすると、自分の批判の傾向が見えてきます。

 

もしネガティブに偏り過ぎていると思ったら、今度は勇気を出して、積極的に対処していきます。

そのが考え方が現実的か、自分自身に問うてみてください。本当に状況を正しく描写しているのか、ネガティブな考えから起こる恐れや悲観的アプローチが誇張されていないか?
もし他人が同じ考え持っていたとしたら支持しますか。例えば、次に昇進できるには(自分は)全然十分じゃないと親しい友人が言った時、その考えを支持しますか?あるいは、さらに踏み込んで(その考えは)素晴らしいと伝えますか?

記事の抄訳です

 

未だ、昇進できるまでには十分ではないかもしれませんが、「全然十分で無い」というのは本当でしょうか?ネガティブな考え方が起こったら、すぐに「白旗を上げて」降参せずに、ちょっと間をおいて、その考えは本当に正しいのか、考えるようにしてください。それがネガティブな考えと戦って勝つ第一歩です。

 


ネガティブな考えに勝つ、プロセスを意識する

今日は、自分の中のネガティブな考えに勝つ方法を紹介しました。

 

ポジティブだけなのはブレーキの無い車です。意味もなく猛スピードで進んで直ぐに事故っておしまいです。

 

今日からは、ネガティブな考えに勝つプロセスを意識してください。その「戦い」を通じて、確実にポジティブが強くなった自分に気が付くはずです!

 

ネガティブ思考防止に興味があるなら、これもおススメ

関連記事:自分の中のネガティブな声に、上手に打ち勝つテク【自分に優しく、ムリなくポジティブ】

関連記事:もうネガティブな感情に流されない!

関連記事:たったこれだけで人生が変わる!ネガティブな考えを克服できる方法

 

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。

お知らせ

ビズフォリオの電子出版シリーズです!

 

最新刊は、「戦略実行力」強化の公式 です。

 

「サラリーマンを続けながら会社を経営する」、複業サラリーマンに興味がある方、必読!実体験を本にしました。起業のノウハウが満載な「脱・専業サラリーマン

 

ポートフォリオマネジメントの国際標準について日本で唯一の解説本、「ポートフォリオマネジメント教本」です。

<