· 

工夫次第でいつまでも若々しく!脳のアンチエイジングの方法

 

自然の中を歩くだけで、脳の若さを保ちます

脳に効くアンチエイジングの方法

「若さ」にあこがれる理由は「見た目の美しさ」だけではありません。

 

そのなかの1つが柔軟性です。歳を取ると変化を嫌って考え方が固定化し、新しい事がなかなか受け入れ難くなります。悲しい事に「頭が固い」が、デフォルトになりがちです。

 

今回は、簡単にできる脳のアンチエイジングの方法を紹介します。

 

自然+歩く=ハイキング=脳に最高の刺激

工夫により、脳は老いの影響を受けにくい器官だそうです。日常生活において、記憶力の低下が嘆かわしい身としては、にわかには信じられません。もちろん「工夫により」なので、普段から気を付けている人だけがその恩恵を受けられます。

 

Inc.の記事「Neuroscientist: To Keep Your Brain Young, Go Hiking」によると、その工夫の1つがハイキングです。

地元の公園をハイキングするのは、脳の特定の部分を最高の状態を保つ理想の方法です。外に出るのは良い事です。理由はどんな事も起こり得るからです。つま先をある角度に留める必要があります。小枝や根、岩、生き物に出会うため、下肢をひょいっとつけなければいけません。これらは脳を若く保つのに重要です。

記事の抄訳です

 

さらに、歩く事自体でも脳に良い影響があるそうです。

沢山の想像力のある人達や思想家も、自然の中を長く歩く事は新しいアイデアが脳から湧き出るユニークな力があると証言しています。ダーウィンからスティーブ・ジョブズまでこんなにたくさんの歴史上の偉人がブラブラ歩く人たちだった理由かもしれません。

記事の抄訳です

 

確かに歩いている時にアイデアが浮かぶことが有ります。自然も体に良い影響が有るので、「自然の中を歩く」ハイキングは相乗効果で脳には最強かもしれませんね。

 


この週末は、ぜひ自然の中を歩きに出かけましょう

今日は、ハイキングが脳の若さを保つ、という脳科学情報を紹介しました。

 

歩くだけでも効果があるので、遠くに出かけるのが億劫なら、近くの少し大きい公園でも、部屋に閉じこもってばかりいるより良いはずです。

 

コロナウィルス騒動で人込みは危険なので、この週末はぜひ自然の中を歩きに出かけましょう!

 

アンチエイジングに興味があるなら、これもおススメ

関連記事:イキイキとした毎日を!年齢を感じさせない賢い年の取り方とは

関連記事:1日たったの10分!今日からできるアンチエイジングの新習慣

関連記事:必見!憧れの「いつまでも若く楽しく」暮らす方法

関連記事:冬でも入浴後は冷たいシャワー!健康長寿の新習慣

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。